スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第2回 朝の九久平を歩く

愛知県豊田市九久平町。

豊田市松平地区における行政・経済・文教の中心の巴川沿いの町です。次に乗り継ぐバスの間、町をぶらっと歩きます。
IMGP4974.jpg

IMGP4979.jpg

徳川家祖先後廟のある松平郷への入口の町でもあります。
IMGP4982.jpg

旧道沿いの商店街。
IMGP4983.jpg

IMGP4984_20141211063155b7b.jpg

IMGP4989_20141211063223e25.jpg

新聞屋さんの琺瑯看板。
IMGP4991_20141211063230bab.jpg

松平コミュニティセンターにあった標高、所在地の緯度経度を示すプレート。
IMGP4995_201412110632329fa.jpg

巴川沿いの風景。この上流に紅葉の名所香嵐渓があります。
IMGP5000.jpg

県道沿いの看板。
IMGP5002_201412110632311ff.jpg

県道から旧道沿いの商店を見る。
IMGP5003.jpg

土曜の朝ですが、中学生が通学していきます。観光地でない朝の町をうろうろしているおじさんにも、半数以上の生徒が挨拶をしていってくれます。不審者対策なのもしれません…
IMGP5004_20141211063300d6d.jpg

九久平を訪れた目的の1つは旧松平村道路元標探訪でした。しかし、道路改修時に撤去されてしまったようです…
大正時代に設置された道路元標。これも少しずつ減っていっています。
IMGP5005_201412110633022ea.jpg

九久平にあるとよたおいでんバスのバス停は新双竜橋北。
IMGP5006.jpg

豊田市駅へは名鉄バスも運行されていますが、時間の関係でとよたおいでんバスに乗って豊田市駅に向かいます。
もちろんこれは名鉄バスのフリー乗車券では乗ることが出来ません。
IMGP5009.jpg

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2014/12/12 04:25 ] 町並み | TB(0) | CM(8)

公共交通機関で奥三河を一周しました

愛知県奥三河。車がないとアクセスが不便な場所ですが、公共交通機関で一回りしてきました。

名鉄で豊川稲荷駅まで行き飯田線に乗ります。
DSCN6997_201312080529071b6.jpg

飯田線の電車が数分遅れたので、本長篠では写真も撮らずバスターミナルに急ぎます。
DSCN6999.jpg

バスの運転手さんが電車は着きましたか、と質問されました。無線で飯田線が遅れているので接続待ちをするように指示があったとのことです。ここから田口行きのバスに乗ります。このバスも本数が少ないです。平日も少ないですが土日はもっと少ない。
DSCN7002.jpg

設楽町に入ってすぐの田峯でバスを降ります。
DSCN7007.jpg

ここからは田峯城址、田口線廃線跡の町道を経由して田口の町まで歩きました。
意外と時間がかかったので次のバスは田口の市街地の大田口から乗車します。
DSCN7257_20131208052917e6b.jpg

田口と稲武とを結ぶ設楽町営バス。このバスは日曜日はお休みです。何とか昼間の貴重な一本に間に合いました。DSCN7258_201312080529478c1.jpg

DSCN7259_20131208052953cd0.jpg

稲武バス停。
DSCN7275.jpg

稲武の町を時間を気にしながら歩き、稲武のどんぐりの湯前から足助行きのとよたおいでんバスに乗ります。こちらも日中は2時間に1本。
DSCN7321_2013120805295893c.jpg

足助で下車。足助の町を歩きます。香嵐渓の紅葉のシーズンも終わり静かさが戻っていました。それでも観光客(私も含め)は歩いています。
ここからは名鉄バスが東岡崎まで走っています。
DSCN7421_20131208053016d63.jpg

夕暮れとともに足助からバスに乗り帰ります。
DSCN7469.jpg

2013年12月7日撮影。

[ 2013/12/08 06:27 ] さまよいの軌跡 | TB(0) | CM(8)

旧三河広瀬駅界隈

廣瀬神社、城址から降りてくると旧名鉄三河線三河広瀬駅前に出ました。

駅前広場、現在はバス停になっています。左側には駅前旅館&商店が並んでいます。
IMG_7731.jpg

駅舎もお店として利用しているのですが、この日はボンネットバスを見学した地域のイベントのため閉店していました。

左側のお店。
IMG_7728.jpg

個人の郵便受けかと思ったら掛箱の郵便ポストでした。
IMG_7729.jpg

ホームには駅名標が残されています。川沿いの紅葉、見頃でした。
IMG_7725.jpg

列車の来ないホームと線路。
IMG_7764.jpg

対岸から見た、旧三河広瀬駅。紅葉した木々の向こうにホームがあります。
IMG_7753.jpg

駅には古い東海自然歩道の看板が残されていました。
IMG_7765.jpg

矢作川、この辺りが河口から50キロの地点になるようです。
IMG_7761.jpg

足助方面から来るバスは遅れ出しているので、小渡発のとよたおいでんバスで豊田市駅に向います。
IMG_7768.jpg

旧三河広瀬駅前に停車中のバス。
IMG_7769.jpg


2011年12月4日撮影。
[ 2011/12/09 05:30 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

旧西中金駅へ

香嵐渓からとよたおいでんバスに乗って降りたのは西中金。
IMG_7640.jpg

三河線の終着駅だった旧西中金駅舎が残っています。
IMG_7642.jpg
この駅舎は国の登録有形文化財になっています。

でも知らないと気付かないような状態…
IMG_7647.jpg

それでも中には経緯を示した説明板がありました。
IMG_7646.jpg

駅舎。
IMG_7645.jpg

列車の来ることのないホーム。駅名標はありません。
IMG_7649.jpg

足助方向、車止めの向こうに続く道路が延伸計画で買収した土地です。
IMG_7650.jpg

使われていないバス停、以前はここで鉄道から足助方面のバスの乗換を行なっていました。
IMG_7643.jpg

その横を百年草(足助)行きのバスが通過していきます。香嵐渓の紅葉見学のため満員。このバスは三河線の代行という意味もあり国道から離れた道幅の狭い区間を通るので、小型バスでの運行です。
IMG_7656.jpg

西中金の猿投よりにて、ここに列車が走っている時に来たかった場所です。学生時代に乗りつぶしで一度だけ来たことがありますが…
IMG_7660.jpg

2011年12月4日撮影。




[ 2011/12/05 22:49 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。