スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第15回 ピーチバスで桃花台へ

今回も名鉄バスに乗りませんが、次の名鉄バスに乗るための乗継です。

小牧駅。
IMGP5239.jpg

かつては桃花台新交通桃花台線が走っていましたが、1991年開業、15年後の2006年には廃止になりました。廃止されてから8年経過していますが、その名頃が多々あります。
IMGP5240_201412210816261dd.jpg

IMGP5241.jpg

IMGP5242_20141221081631253.jpg

小牧駅東口から、桃花台新交通桃花台線代替バスに相当するピーチバスに乗ります。
IMGP5243.jpg

IMGP5244.jpg

IMGP5246.jpg

桃花台センターで下車。
IMGP5248_201412210816510bb.jpg

IMGP5249.jpg

次のバスまで少しだけ周辺を歩きます。外は真っ暗になりましたが時刻は18時です。

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2014/12/21 08:25 ] バス | TB(0) | CM(0)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第5回 赤池駅から日進市役所へ

愛知郡東郷町和合から名鉄バスに乗り15分強で赤池駅に到着しました。
IMGP5051.jpg

赤池駅、愛知県日進市にありますが、名古屋市交通局鶴舞線と名鉄豊田線の接続駅です。
IMGP5052.jpg

IMGP5054_20141214032307136.jpg

タイトルは名鉄バスで愛知県内を巡るですが、日進市の市役所界隈は名鉄バスの路線がないので日進市巡回バスくるりんバスに乗ります。
IMGP5053.jpg

西回り線に乗り市役所まで行きます。
IMGP5056.jpg

市役所は巡回バスの乗り継ぎ拠点になっており、多くのバスが終結していました。
IMGP5058.jpg

IMGP5059_20141214032327d4c.jpg

IMGP5060.jpg

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/14 03:32 ] バス | TB(0) | CM(2)

路線バスで浜松から本長篠へ

お彼岸は、両親の墓参りに行きます。
今回は浜松から路線バスで本長篠まで行きました。

豊橋から東海道線普通電車で浜松へ。373系の運用に当たりました。
IMGP2868.jpg

IMGP2869.jpg

出世の街 浜松。
IMGP2876.jpg

浜松駅前のバスターミナル(クリックで拡大できます)。
IMGP2878.jpg

バスの路線案内図もわかりやすい(クリックで拡大できます)。
IMGP2879.jpg

44系統渋川行きに乗ります。
IMGP2890.jpg

IMGP2891.jpg

浜松市街地では座席もほぼ埋まっており、乗降を繰り返していましたが、井伊谷バス停をすぎると貸切状態になりました。
IMGP2894.jpg

竹平バス停で降車しバスを見送ります。
IMGP2896.jpg

静岡県浜松市ですが、新城市営バスが乗り入れています。
IMGP2906.jpg

あのトンネルを抜けていくと愛知県に入りますが、今回はバスの乗り継ぎ時間の関係で歩きませんでした。
IMGP2902.jpg

IMGP2903.jpg

新城市営バス長篠山吉田線、遠州鉄道のバス路線を引き継いでいます。
IMGP2909.jpg

本長篠バスターミナルに到着。
IMGP2910.jpg

飯田線本長篠駅に着きました。浜松駅から1時間45分の小旅行でした。
IMGP2914.jpg

2014年9月20日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/10/10 05:31 ] バス | TB(0) | CM(2)

ぐるりんバスに乗って火の見櫓を見に行きました

渥美半島に帰省していた週末、ぐるりんバスに乗って火の見櫓を見に行きました。

赤羽根市民センターバス停。
IMGP1329.jpg

赤羽根線は土日祝日だけの運行です。豊鉄の路線バスに配慮しているのかな。
IMGP1331.jpg

待機中のバス。
IMGP1330.jpg

国道259号線沿いの加冶バス停で下車。
IMGP1333.jpg

稲穂の実った田んぼと田原の山々。
IMGP1335.jpg

加冶の集落に入ると火の見櫓はすぐにわかりました。
IMGP1336.jpg

IMGP1337.jpg

昭和30年竣工。
IMGP1339.jpg

製造会社の銘板。
IMGP1340.jpg

夏のお祭があるのかな。
IMGP1342.jpg

2014年8月24日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

[ 2014/09/06 07:00 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

東浦町運行バスを利用して八幡新田駅へ

石浜駅訪問を果たした後、そのまま武豊線を利用するのはおもしろくないので、東浦町運行バスに乗って名鉄河和線に抜けるルートを試してみました。東浦町運行バスの運行本数は少ないので、事前にルートと時刻は調査済みです。

バスの時刻を頭に入れて歩き始めます。
石浜駅前通り。
IMGP9467.jpg

この坂を上っていくと住宅地があるようですが、今回はパスします。
IMGP9468.jpg

国道ではなく旧道に沿って緒川駅方面に歩きます。
IMGP9469.jpg

IMGP9472.jpg

IMGP9473.jpg

途中で武豊線の列車を撮影。
IMGP9480.jpg

緒川駅まで行く時間はないので、ここで東浦町運行バスを待ちます。
IMGP9481.jpg

列車の音が聞こえてきたのでカメラを向けると衣浦臨海鉄道からの貨物列車が通過していきました。
IMGP9483.jpg

東ヶ丘マルス行きのバスに乗ります。
IMGP9486.jpg

20分弱で新田分団詰所に着き下車、火の見櫓も健在です。
IMGP9489.jpg

ここから名鉄河和線八幡新田駅を目指して歩きます。
沿道にはひまわりが受けられていました。
IMGP9500.jpg

ホームが見えてきました。入口が上り下りそれぞれ2箇所、計4箇所あるようです。
IMGP9507.jpg

一番近い入口からホームに入ります。
IMGP9508.jpg

IMGP9514.jpg

土曜日の午後は1時間に2本の普通電車に何とか間に合いました。
IMGP9515.jpg

2014年6月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/07/06 06:00 ] さまよいの軌跡 | TB(0) | CM(0)

18きっぷで日帰り北陸1 気比の松原

昨年末、日帰りで北陸に行った時の記事のアップをします。(→○●

米原から普通電車に乗り敦賀駅到着。端っこの4番線に着きました。
DSCN8515.jpg

DSCN8517.jpg

DSCN8522.jpg

駅舎改築&駅前整備工事中です。
DSCN8527.jpg

駅前のこの佇まいは従来どおり…
DSCN8525.jpg

DSCN8526_20140116051831ac1.jpg

敦賀市コミュニティバスの路線図。
DSCN8532.jpg

コミュニティバスで気比の松原に行きました。
DSCN8534_20140116051855973.jpg

DSCN8536.jpg

DSCN8537.jpg

気比の松原と敦賀湾の景色を眺めます。
DSCN8539.jpg

DSCN8540_20140116051937ffe.jpg

DSCN8545.jpg

DSCN8548.jpg

時雨模様の天候でテンションが上がらないので、敦賀の町歩きは中止し、再びコミュニティバスで駅に戻ります。
DSCN8554.jpg

2013年12月28日撮影。
[ 2014/01/16 05:32 ] 風景 | TB(0) | CM(6)

公共交通機関で奥三河を一周しました

愛知県奥三河。車がないとアクセスが不便な場所ですが、公共交通機関で一回りしてきました。

名鉄で豊川稲荷駅まで行き飯田線に乗ります。
DSCN6997_201312080529071b6.jpg

飯田線の電車が数分遅れたので、本長篠では写真も撮らずバスターミナルに急ぎます。
DSCN6999.jpg

バスの運転手さんが電車は着きましたか、と質問されました。無線で飯田線が遅れているので接続待ちをするように指示があったとのことです。ここから田口行きのバスに乗ります。このバスも本数が少ないです。平日も少ないですが土日はもっと少ない。
DSCN7002.jpg

設楽町に入ってすぐの田峯でバスを降ります。
DSCN7007.jpg

ここからは田峯城址、田口線廃線跡の町道を経由して田口の町まで歩きました。
意外と時間がかかったので次のバスは田口の市街地の大田口から乗車します。
DSCN7257_20131208052917e6b.jpg

田口と稲武とを結ぶ設楽町営バス。このバスは日曜日はお休みです。何とか昼間の貴重な一本に間に合いました。DSCN7258_201312080529478c1.jpg

DSCN7259_20131208052953cd0.jpg

稲武バス停。
DSCN7275.jpg

稲武の町を時間を気にしながら歩き、稲武のどんぐりの湯前から足助行きのとよたおいでんバスに乗ります。こちらも日中は2時間に1本。
DSCN7321_2013120805295893c.jpg

足助で下車。足助の町を歩きます。香嵐渓の紅葉のシーズンも終わり静かさが戻っていました。それでも観光客(私も含め)は歩いています。
ここからは名鉄バスが東岡崎まで走っています。
DSCN7421_20131208053016d63.jpg

夕暮れとともに足助からバスに乗り帰ります。
DSCN7469.jpg

2013年12月7日撮影。

[ 2013/12/08 06:27 ] さまよいの軌跡 | TB(0) | CM(8)

公共施設連絡バスで小垣江駅へ

ある休日の午後、ぶらっと刈谷に行きました。

駅前に停車中の公共施設連絡バス。刈谷城築城480年のラッピングが施されています。このバス、無料なのですね。市の財政力を反映しているのかな。
DSCN1688_20130804055549a9a.jpg

名鉄三河線小垣江駅。
DSCN1691_20130804055555579.jpg

赤い6000系が行き交います。
DSCN1697_201308040556009c7.jpg

DSCN1698.jpg

駅前で発車を待つ刈谷市公共施設連絡バス。
DSCN1696.jpg

小垣江駅周辺を歩きます。
DSCN1699_20130804055620344.jpg

DSCN1701.jpg

DSCN1708.jpg

DSCN1709.jpg

DSCN1710.jpg

DSCN1711.jpg

DSCN1712.jpg

DSCN1713.jpg

帰りはもちろん電車に乗ります。電車に乗るか、降りるかしないと私の訪問駅に記録されません。
DSCN1718.jpg

休日の月曜日17時を過ぎ、近くの会社の帰宅の人で賑わってきました。土日以外の休日は出勤日になる某自動車メーカ関連の会社が多い土地柄ですね。
1DSCN1719.jpg

2013年7月15日撮影。
[ 2013/08/04 06:22 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

玉ノ井の町を歩く

玉ノ井、繊維工場ののこぎり屋根を見ることの出来る町です。
玉ノ井駅西側の路地。
DSCN2921.jpg

DSCN2929.jpg

少し高いところから眺めてみました。
DSCN2932.jpg

町には火の見櫓も残っています。
DSCN2934.jpg

この煙突は、銭湯(廃業してしまったのかな)のものです。
DSCN2937.jpg

暗渠となった用水。
DSCN2946.jpg

明り取りの窓。
DSCN2951.jpg

DSCN2954.jpg

郵便局と赤い丸型ポスト。
DSCN2955.jpg

この界隈で見かける形のタウンアーチ。
DSCN2956.jpg

DSCN2959.jpg

銭湯、のこぎり屋根、火の見櫓。
DSCN2969.jpg

歩いて名鉄新木曽川駅まで行くことも出来ますが、ちょうどi-バスの最終便の時刻なのでバスでJR木曽川駅界隈に行きます。
DSCN2973.jpg

この路線はマイクロバスを使用しています。
DSCN2975.jpg

2012年7月29日撮影。


[ 2012/08/08 05:28 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

コバノミツバツツジトと萩村道路元標

先日コバノミツバツツジを見に行った時(→○●)の詳細です。

善住禅寺入り口の石碑。
IMG_0617.jpg

この日はちょうど冨士神社の祭礼でした。ちなみに、この神社には狛犬さんはいないようでした。
IMG_0626.jpg

つつじ展望台からの眺め。桜とつつじの競演。曇天になったのが残念でした。
IMG_0668.jpg

もうひとつの目的が近くの萩小学校前にある道路元標。小学校の境内には二宮尊徳像も見えました。
DSCF3385.jpg

ガードレールに守られている道路元標。
DSCF3382.jpg

ちょっと残念なのは、肝心な部分がガードレールに隠れて読むことが出来ません…
DSCF3384.jpg

音羽支所や最寄駅の名鉄名電赤坂駅と萩を結ぶ豊川市コミュニティバス、つつじバス。帰りはこのバスに乗りました。
IMG_0697.jpg

2012年4月15日撮影。
[ 2012/04/19 05:21 ] 自然 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。