スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東海道線をぶらり東へ 第15回 ホームライナー浜松3号で帰路へ

2015年8月、東海道線をぶらり東への最終回です。自分のブログの過去記事を検索していたら同じようなタイトルで記事をアップしていました(→○●)。

熱海駅から東海道線島田行き211系普通電車に乗ります。
IMGP4738_20151012002633efd.jpg

IMGP4739.jpg

JR東海の路線図(クリックでアップします)。
IMGP4740.jpg

沼津駅で下車します。
IMGP4747.jpg

沼津駅前。正面の建物はかつて西武百貨店でした。
IMGP4742.jpg

仲見世商店街。次の機会はこのアーケードを歩きたいと思います。
IMGP4745.jpg

沼津駅(南口)。
IMGP4743_201510120026412ef.jpg

駅に戻ります。
跨線橋は少し古めです。
IMGP4746_20151012062345d10.jpg

TOYOTAのロゴの専用コンテナ列車が停車中。TOYOTA LONGPASS EXPRESSと言うらいしいです。
IMGP4748_20151012062350974.jpg

373系のホームライナー浜松3号が入線。
IMGP4751_201510120623561da.jpg

IMGP4757_20151012062355ed8.jpg

IMGP4758_20151012063557b3e.jpg

IMGP4759.jpg

ホームライナー浜松3号は沼津発浜松行きですが、浜松からそのまま975M豊橋行きになり、沼津から豊橋まで乗換なしで行くことが出来ます(2015年8月時点)。そのためこの時季18きっぷの利用者で賑わっていました(私を含めて)。豊橋での接続も短時間でした。この時も豊橋駅の階段が辛かった…

岡崎駅で下車し、名鉄バスで自宅へと向かいました。この接続も数分で便利です(2015年8月時点)。
IMGP4764_20151012063600887.jpg

このシリーズは今回で終わりです。1ヵ月半近いブランクをはさんでのアップになりましたが、最後までみていただきありがとうございました。

2015年8月8日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。


スポンサーサイト
[ 2015/10/12 09:15 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

OKAZAKI  EXPRESS (岡崎拠点快速バス)に乗りました

図書館交流プラザ(りぶら)に行き、大量に本を借りたので、東岡崎駅までOKAZAKI  EXPRESS (岡崎拠点快速バス)に乗りました。

このバスは、図書館交流プラザ(りぶら)正面のバス停から発車します。

車内の運賃箱の横の表示機には、OKAZAKI  EXPRESS (岡崎拠点快速バス)の表示がありました(クリックで拡大します)。
IMGP4859.jpg

かつては専用のラッピングが施された車両で運行されていましたが、今では一般車両での運行です。
IMGP4860_2015100921393917a.jpg

かつてのラッピング車両です。たまたま両方向行きの2台が並んだところを撮影しました(2011年7月16日 Power Shot G9で撮影)。
IMG_4113.jpg

今回乗車した車両は9417で、写真の2台目と同じ車両でした。

専用ラッピングは2008年の運行開始時から2012年前半頃まで行われていたようです。

2015年10月8日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/10/09 22:39 ] バス | TB(0) | CM(0)

土曜の夜、岡崎駅界隈電車&バスウオッチング

JR東海道線で帰路についた土曜の夜、上り新快速電車とバスの乗り継ぎが悪く、待ち時間に駅周辺で電車とバスウオッチング。

西口から東海道線ホームと停車中の電車を眺めました。
IMGP1391.jpg

西口からは西尾行きの名鉄東部交通バスが発車します。
この日は昨年度名鉄バスから転籍してきた8207が充当されていました。
IMGP1393.jpg

東口に戻るとエコハイブリッドバスがやってきました。
IMGP1394.jpg

最近岡崎市内でエコハイブリッドバスを見る機会が少なくなっています。

2015年4月11日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

ちなみに4月25日も同じ時刻の25系統にエコハイブリッドバス(基幹バスと記された7902)が充当されていました。
IMGP1881.jpg
[ 2015/04/27 01:51 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

鳴子団地2014年12月

滝の水公園の次は、かつて住んでいた鳴子団地を少しだけ歩きました。

IMGP6513.jpg

IMGP6516.jpg

IMGP6522.jpg

IMGP6523.jpg

IMGP6526.jpg

IMGP6527.jpg

IMGP6528.jpg

IMGP6529.jpg

IMGP6530.jpg

IMGP6536.jpg

IMGP6537.jpg

IMGP6543.jpg

IMGP6546.jpg

鳴子町から名鉄バスに乗って鳴海駅まで戻りました。かつては団地と駅を結ぶ路線で本数も多かったのですが、地下鉄桜通線も開通し、今では日中は1時間に2本の運行になっています。
IMGP6549_20150112060928eff.jpg

IMGP6550.jpg

2014年12月7日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/01/12 21:07 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

名鉄バス神沢中学校行きに乗り滝の水公園に行きました。

12月上旬の日曜の午後、名鉄バスフリーパスで乗ることが出来なかった鳴海駅から神沢中学校行き路線に乗りました。

鳴海駅前バス停。バス停でバスを待っている人たちはイオン大高へ行くバスを待っているようでした。
IMGP6450.jpg

バス停に掲示してあった路線図(クリックで拡大できます)。
IMGP6452_20150112045855edc.jpg

神沢中学校行きですが、末端区間は反時計回りの循環区間になっています。
IMGP6453.jpg

滝の水公園に向かって歩きます。丘の上の洋菓子店。
IMGP6457.jpg

丘の上からの景色。
IMGP6458_20150112044656547.jpg

滝の水公園の人口の丘に上がります。滝の水公園は伊勢湾台風の廃材集積場の上に土をかぶせた人口の丘で、1989年に整備されました。
IMGP6466.jpg

公園の上からの眺めです。
IMGP6477.jpg

IMGP6476.jpg

IMGP6478.jpg

IMGP6479.jpg

IMGP6485.jpg

IMGP6490.jpg

IMGP6491.jpg

IMGP6497.jpg

IMGP6499.jpg

2014年12月7日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/01/12 05:10 ] バス | TB(0) | CM(4)

名鉄バスで愛知県内を巡る もくじ



名鉄バスで愛知県内を巡る 全18回(2014年11月22日)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第1回 東岡崎から九久平へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第2回 朝の九久平を歩く

名鉄バスで愛知県内を巡る 第3回 豊田市で乗り継ぎ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第4回 東郷町和合界隈

名鉄バスで愛知県内を巡る 第5回 赤池駅から日進市役所へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第6回 日進市役所から岩崎御岳口バス停へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第7回 一宮市へ鉄道で移動

名鉄バスで愛知県内を巡る 第8回 一宮市浅井町界隈を歩く

名鉄バスで愛知県内を巡る 第9回 岐阜県各務原市川島町 前編

名鉄バスで愛知県内を巡る 第10回 岐阜県各務原市川島町 後編

名鉄バスで愛知県内を巡る 第11回 一宮市役所北バス停で乗り換え

名鉄バスで愛知県内を巡る 第12回 江南駅界隈

名鉄バスで愛知県内を巡る 第13回 岩倉駅から間内駅へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第14回 小牧口駅から小牧駅まで歩く

名鉄バスで愛知県内を巡る 第15回 ピーチバスで桃花台へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第16回 桃花台センターから高蔵寺駅へ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第17回 少しだけ高蔵寺ニュータウンへ

名鉄バスで愛知県内を巡る 第18回 最後は日名町からバスで帰宅
[ 2014/12/25 04:41 ] バス | TB(0) | CM(0)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第18回 最後は日名町からバスで帰宅

高蔵寺駅連絡通路。
IMGP5272.jpg

高蔵寺駅からは愛知環状鉄道に乗ります。
IMGP5275.jpg

北岡崎駅で下車。
IMGP5277.jpg

IMGP5278_201412240545502a2.jpg

日名町バス停。
IMGP5279.jpg

ここから25系統東岡崎光ヶ丘経由岡崎駅前行き名鉄バス乗ります。
IMGP5280.jpg

男川バス停で下車。
IMGP5281.jpg

これにて長かった名鉄バスの旅の1日が修了です。

最後までお付き合い戴きありがとうございました。

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/24 21:47 ] バス | TB(0) | CM(0)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第17回 少しだけ高蔵寺ニュータウンへ

桃花台センターから30分強で高蔵寺駅北口に着きました。
IMGP5262.jpg

時間は19時前で遅くないのですが外は真っ暗。折角なのでもう1箇所高蔵寺ニュータウンに行ってみます。
とりあえずやってきた藤山台南行きに乗ります。
IMGP5263_20141222061505c1d.jpg

大型スーパなどがある中心部に近い藤山台東で下車。
IMGP5264.jpg

ニュータウンの中心にあるスーパ。
IMGP5265.jpg

ファーストフード店もあります。
IMGP5266.jpg

○×台と名前がつけられたニュータウンがたくさんありますが、外は真っ暗なので散策には不向きです。
IMGP5267.jpg

帰りのバス停が分からず駅に向かって歩いていったら、次の岩成台バス停に着きました。ここからバスに乗りました。
IMGP5268.jpg

駅に向かうバスもそれなりの乗客を乗せていました。
再び高蔵寺駅北口へ。
IMGP5270.jpg

IMGP5271.jpg

もう1回続きます。

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/23 05:18 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第16回 桃花台センターから高蔵寺駅へ

桃花台センターから名鉄バスで高蔵寺駅に向かいます。

バスの時刻まで周辺を一回りします。
暗くなってしまいましたが、左側が旧桃花台新交通桃花台線の跡です。
IMGP5251.jpg

旧桃花台センター駅。
IMGP5252.jpg

駅前のロータリー。
IMGP5254.jpg

IMGP5255.jpg

IMGP5257_20141222051906e59.jpg

ニュータウンの住宅。
IMGP5258.jpg

バスがやってきました。
IMGP5260.jpg

高蔵寺駅北口行きになります。このバスに乗ります。
IMGP5261.jpg

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/22 05:33 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

名鉄バスで愛知県内を巡る 第13回 岩倉駅から間内駅へ

名鉄犬山線江南駅から電車で岩倉駅まで移動します。

岩倉駅は11月上旬の同じバスの旅でバス乗り継ぎをしました。

今回は東口から発車する、8月に新設された名鉄小牧線間内駅行きに乗ります。
IMGP5190_20141220053531ef1.jpg

IMGP5191.jpg

岩倉団地を過ぎたあたりで親子連れが下車した後は貸切状態でした。
車窓から岩倉団地を眺めます。団地に住んでいたので懐かしい風景です。
IMGP5192.jpg

小牧空港の北側をバスは走ります。この界隈はかつて歩いたことがあります。
IMGP5194.jpg

途中で交差点の渋滞に巻き込まれ少し遅れて名鉄間内駅到着。
IMGP5197.jpg

あわただしく岩倉駅行きとなって折り返していきました。
IMGP5198_20141220053539262.jpg

名鉄小牧線間内駅西口。先ほどのバス停でこの駅舎は小牧市に属しています。
IMGP5196.jpg

駅舎とホームの連絡通路で小牧市と春日井市の市境を越えます。
IMGP5200_20141220053920d52.jpg

古い跨線橋もありますが、まもなく電車が来るので探検せず。
IMGP5201.jpg

東口にある像は、看板とは無関係で浅井長政像とのことです。
IMGP5202.jpg

小牧線電車に乗ります。
IMGP5204_20141220055307a8a.jpg

2014年11月22日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/20 05:55 ] バス | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。