スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2台並んだ名鉄東部交通の小型路線バス

愛知県西尾市内の公共交通を担当している名鉄東部交通。

普段は西尾市内の移動は自転車ですが、時々路線バスにもお世話になっています。

休日出勤の朝、西尾駅にて2台の小型路線バス(それも方向幕車)が並んでいました。
DSCN2882.jpg

岡崎市内を走行する路線は系統番号が設定されています。
DSCN2878_20150726061743713.jpg

DSCN2876.jpg

側面は名鉄東部交通を示す緑のラインが追加されていますが、かつての所属「岡」の文字が残っています。
DSCN2879.jpg

名鉄東部交通ではmanacaは利用できません。
DSCN2880_2015072606174669a.jpg

後部の方向幕は「名鉄」になっています。
DSCN2875_20150726061736194.jpg

以前の名鉄東部交通の小型路線バスの記事です(→○●)。

2015年7月20日、COOLPIX P7100で撮影。
スポンサーサイト
[ 2015/07/26 06:27 ] バス | TB(0) | CM(2)

名鉄東部交通の小型路線バス

西尾地区の路線バスを運行している名鉄東部交通。

かつて岡崎市内ノ竜美丘循環線などで運用されていたエアロミディMJが健在です。

この方向幕車も貴重な存在になっているので少し前に撮影したものですがアップします。

2001年式0105。
P1020947.jpg

P1020948.jpg

P1020950.jpg

久しぶりにバスを利用したら1999年式の0906がやってきました。写真は西尾駅から折り返し運用につくため待機しているものです。
P1020956.jpg

P1020955.jpg

P1020954.jpg

0105は2015年2月8日、0906は2015年2月26日、LUMIX DMC-TZ30で撮影。
[ 2015/04/28 03:50 ] バス | TB(0) | CM(2)

土曜の夜、岡崎駅界隈電車&バスウオッチング

JR東海道線で帰路についた土曜の夜、上り新快速電車とバスの乗り継ぎが悪く、待ち時間に駅周辺で電車とバスウオッチング。

西口から東海道線ホームと停車中の電車を眺めました。
IMGP1391.jpg

西口からは西尾行きの名鉄東部交通バスが発車します。
この日は昨年度名鉄バスから転籍してきた8207が充当されていました。
IMGP1393.jpg

東口に戻るとエコハイブリッドバスがやってきました。
IMGP1394.jpg

最近岡崎市内でエコハイブリッドバスを見る機会が少なくなっています。

2015年4月11日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

ちなみに4月25日も同じ時刻の25系統にエコハイブリッドバス(基幹バスと記された7902)が充当されていました。
IMGP1881.jpg
[ 2015/04/27 01:51 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

西尾市中畑町界隈へ

雨が上がりそうな土曜日の午後、西尾市郊外に歩きに行きました。

愛知県西尾市、合併して人口は16万人ほどいるのですが、公共交通機関の不便な町です。

名鉄西尾市のバス乗り場案内。名鉄の文字が消されています。
また旧西尾市内を走るコミュニティバス(六万石くるりんバス)は、後ろの観光案内所のところに路線図と時刻が掲示されています。
DSCN1691.jpg

名鉄バスから移管された名鉄東部交通のバスは駅前から出発します(写真は手前が平坂循環、奥が三河一色行)。
DSCN1688.jpg

この日は、六万石くるりんバスに乗る予定ですが、少し時間があるので駅の西を少し散策。
西尾劇場界隈。
DSCN1228.jpg

小京都として整備された四條橋。
DSCN1230.jpg

2つのバス停が並んでいます。何気なく、名鉄東部交通のバス停の時刻表を眺めていると、なんと「名古屋市交通局のユリカも利用できます」の記載が…
そう、以前は名鉄東部交通のバスもSFパノラマカードが利用出来たのでした。manacaは使用できません。
DSCN1231.jpg

この日は、六万石くるりんバスに乗って、ここから歩き(さまよい)始めました。
DSCN1233.jpg

2012年7月7日(最初の2枚は7月8日)撮影。

[ 2012/07/08 23:33 ] バス | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。