スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

平日にまる乗り1DAYフリーきっぷを使ってみた(その4) 伏見宿へ

次は明智駅の以前の駅名、伏見口の由来となった伏見に行ってみます。

明智駅は、可児市になります。駅の北側を流れる可児川を渡ると御嵩町に入ります。
IMG_9803.jpg

川の中央に境界があります。両側を使って表示しているのは珍しいかも。
IMG_9740.jpg
IMG_9741.jpg

東側に広がる風景。
IMG_9747.jpg

食料品店。
IMG_9751.jpg

黄色の横断旗、最近あまり見かけないような気もします。
IMG_9754.jpg

消防器具庫のシャッター絵。地元の高校美術部の作品。
IMG_9755.jpg

このあたりに旧中山道伏見宿本陣があったようです。道路が拡張され、その面影はありません。
IMG_9758.jpg

伏見交差点。
IMG_9766.jpg

交差点の一角にポケットパークが設置されていました。
IMG_9769.jpg

伏見宿と記載された御嵩町のマンホールの蓋。
IMG_9767.jpg

今の伏見宿。
IMG_9773.jpg

この界隈は丘の上にあります。
DSCF2549.jpg

宿場の名残は少ないけど、こういう昭和の看板がいくつかある町でした。
IMG_9771.jpg

2012年3月22日撮影。
スポンサーサイト
[ 2012/03/28 04:16 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

平日にまる乗り1DAYフリーきっぷを使ってみた(その2) 御嵩駅界隈

広見線の終着駅、御嵩駅。標準化された駅舎が多くなっている名鉄の中で古い駅舎が残っています。
IMG_9699.jpg

駅舎は観光案内所として使用されています。
IMG_9700.jpg

自動改札システムが導入されていないので、昔ながらの改札口が残っています。
IMG_9728.jpg

駅前通り。あちらこちらに乗って残そう名鉄広見線の幟がたっています。
IMG_9701.jpg

駅前は中山道御嶽宿です。商家竹屋、明治初期の建物のようです。
IMG_9703.jpg

食料品店も健闘しています。
IMG_9709.jpg

御嶽宿の町並み。
IMG_9711.jpg

御嵩町のカラーマンホールの蓋。
IMG_9721.jpg

名鉄御嵩駅前にあった東海自然歩道の指導標。意外と古そうです。
IMG_9724.jpg

御嵩駅に到着する電車。30分毎でわかりやすいダイヤです。
DSCF2545.jpg

外から見た御嵩駅ホーム。
DSCF2547.jpg

駅名標。
IMG_9730.jpg

次の目的地に向かいます。

2012年3月22日撮影。

[ 2012/03/26 05:08 ] 町並み | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。