スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中京競馬場前駅界隈

豊明市桶狭間社界隈を後にして歩き続けます。
豊明市にある桶狭間古戦場跡(名古屋市にもあり場所は定かではないようです…)。
DSCN3491.jpg

DSCN3492_20130220063346.jpg

近くの国道1号線には去年のイベントの垂れ幕がありました。以前の訪問記事(→○●
DSCN3493.jpg

国道1号線を岡崎方面に少し戻ります。
DSCN3494.jpg

名鉄名古屋本線中京競馬場前駅。駅があるのは名古屋市緑区になります。
DSCN3496_20130220063347.jpg

駅前のタウンアーチ。
DSCN3497.jpg

近くには火の見櫓も健在です。
DSCN3499.jpg

緑区桶狭間方面への道を歩きます。
DSCN3505.jpg

ハングル文字で記載された学校の門の前を通って進みます。
DSCN3506_20130220063412.jpg

2013年2月3日撮影。

スポンサーサイト
[ 2013/02/20 21:56 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

桶狭間社界隈

豊明市に土管型地下道を観察に来たので、近くを散策。
かつて小山の頂上だったと思われる場所に社があります。この界隈の地名も栄町山ノ神といいます。
DSCN3475.jpg

階段を登った場所からの写真。周囲は住宅地として開発されましたが、家の間からの眺め。
DSCN3476_20130219231940.jpg

一番高い部分は私有地になっています。
P1000757.jpg

この界隈からの遠景など。
DSCN3476_20130219231940.jpg

DSCN3480.jpg

DSCN3482.jpg

DSCN3485_20130219231940.jpg

DSCN3486_20130219232002.jpg

P1000766.jpg

2013年2月3日撮影。
[ 2013/02/20 05:07 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

豊明市の土管利用の地下道

先日岡崎市内のヒューム管の地下道の記事(→○●)をアップしたところ、豊明市内にも似たものがあるとのコメントをいただいたので、早速見に行ってきました。場所は名鉄名古屋本線、前後駅と中京競馬場駅間にあります。

旧東海道側の入り口。
DSCN3463.jpg

階段を降りると、土管を利用していることがわかります。
DSCN3464.jpg

DSCN3465.jpg

DSCN3466.jpg

反対側の階段から振り返って撮影。
DSCN3468.jpg

DSCN3469.jpg

栄小学校側の入り口、最初は線路沿いの道を歩いていたので気付きませんでした。
DSCN3470.jpg

栄小学校側入り口の遠景です。
DSCN3472.jpg

2013年2月3日撮影。


[ 2013/02/19 05:48 ] 施設 | TB(0) | CM(6)

火の見櫓ウオッチウォーキング 大府駅から前後駅 その4

街角の看板を見ながらウォーキングを続けます。
名古屋生まれなので子どものころから見慣れた看板です。
DSCN0646.jpg

古い民家の壁の広告類。
DSCN0647.jpg

名鉄沿線までやってきました。
DSCN0650.jpg

国道1号線沿いにあった木造板張りの建物。
DSCN0652.jpg

国道1号線の歩道橋、このあたりの1号線は片側1車線です。
DSCN0654.jpg

歩道橋の銘板、こういう形に取り付けられているのは初めて見ました。改修時に銘板がわかるように移動されたのかもしれません。
DSCN0653.jpg

1号線の標識、年代もののようです。
DSCN0657.jpg

地下鉄延長を訴える看板。東山線の車両ですが、看板は6号線開業前の設置かな?
DSCN0656.jpg

ここからは旧東海道を歩いて行きます。
DSCN0659.jpg

坂の上から通ってきた知立方向を振り返ります。松の木が1本だけ残っています。
DSCN0667.jpg

前後駅近くの火の見櫓の健在を確認します。
昨年の記事です(→○●
DSCN0672_20121215090322.jpg

この看板も昨年掲載していますね。
DSCN0675.jpg

商店街。
DSCN0676.jpg

前後駅を出発する普通電車。
DSCN0677.jpg

冬の早い日没の時刻になりました。
DSCN0681.jpg

今回のゴール、名鉄前後駅です。
DSCN0686.jpg

今回歩いたルートです(クリックで拡大できます)。
121208.jpg


2012年12月8日撮影。
[ 2012/12/15 21:33 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

火の見櫓ウオッチウォーキング 大府駅から前後駅 その3

道沿いの看板を見ながら歩きました。この所在地は大府市ですが隣接する豊明市の釣堀の広告がありました。
DSCN0617_20121215063307.jpg

皆瀬川にかかる夫婦橋。どういう由来なのでしょうか。
DSCN0623.jpg

この橋の下流で2つの川が合流しています。
DSCN0624.jpg

この川の上流に向かって歩いて行きます。
DSCN0627.jpg

大府市と豊明市の市界あたり。標識はありません。
DSCN0629.jpg

インフラを支える、鉄塔群。
DSCN0631_20121215063346.jpg

インフラを支える伊勢湾岸自動車道と国道23号線の下を通り抜けます。
DSCN0632.jpg

火の見櫓が見えてきました。
DSCN0633.jpg

冬の日が傾いてきました。
DSCN0635.jpg

豊明市大脇コミュニティセンター前の火の見櫓です。
DSCN0640_20121215063344.jpg

DSCN0644.jpg

2012年12月8日撮影.

[ 2012/12/15 06:48 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

桶狭間古戦場公園とおけはざま山

次は名古屋市緑区にある桶狭間古戦場公園に行きました。
DSCN0381.jpg

園内にある両者の像。
DSCN0382.jpg

ジオラマまで整備されています。
DSCN0385.jpg

ジオラマは近くの方々の散策の場として有効に利用されています。子どもたちも自転車で駆け回っていました。
DSCN0384.jpg


次におけはざま山と記された場所に行ってみました。
DSCN0380.jpg

どうやら名古屋市から豊明市に入ったようです。
DSCN0388.jpg

おけはざま山の標識を見つけることは出来ませんでした。
その界隈から西の方角を眺めました。
DSCN0390.jpg

一方、今川本陣跡には新しい碑が建っていました。
DSCN0393.jpg

この碑は山の中腹にあります。
DSCN0391.jpg

2012年6月10日撮影。
[ 2012/06/15 04:52 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

二村山から諸ノ木へ

二村山を降りてきます。
降りてきて始めて案内標識に出会いました。いつも裏から入って表に出るパターンが多いようです…
写真はクリックで拡大できます。
IMG_6981.jpg

立派な案内標識(指導標)もあります。
IMG_6982.jpg

展望台の先端だけを見ることが出来ます。ちょうど前の記事でバスが写っていた辺りです。
IMG_6983.jpg

近くには墓園もあります。だから余計にひっそりした空気を感じたのでしょうか…
IMG_6985.jpg

名古屋市と豊明市の境界。
IMG_6986.jpg

振り返ると。
IMG_6987.jpg

名古屋市交通局のバス、貴重になった方向幕の車両がやってきました。
IMG_6990.jpg

名鉄バス、左に鳴海配水塔が見えます。バスの行先は前後駅です。
IMG_6991.jpg

市バスと名鉄バスのバス停が並んでいます。
IMG_6992.jpg

この日はここから名古屋市内ドニチエコきっぷの小旅行を楽しみました。

2011年11月12日撮影。
[ 2011/12/01 21:27 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

二村山 山頂展望台からの眺め

二村山の山頂には立派な展望台があります。この上に上がると木立に遮られることなく、展望を楽しむことが出来ます。
R0024663.jpg

近くには藤田保健衛生大学病院があります。鎌倉街道をたどる不安はこの構内をどうしているか…にありました。
IMG_6967.jpg

眼下に名鉄バスが走っていくのが見えました。勅使台口バス停で降りるのが一般的な散策コースのようです。
IMG_6970.jpg

東方向の眺め。
IMG_6963.jpg

北東方向の眺め、雨上がりなので雲海の名残を見ることが出来ました。
IMG_6972.jpg

遠くに名古屋駅前の高層ビルを眺めることが出来ました。
IMG_6968.jpg

こちらは名古屋市緑区にある鳴海配水塔です。
IMG_6977.jpg

ここは、一般公開にあわせて何度か行った場所です。訪問記事。

晴れてきたので散策するひとがちらほらやってきます。

2011年11月12日撮影。


[ 2011/11/30 23:09 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

二村山へ

この日の最初の目的地は、以前1枚だけ写真をアップした二村山。

前後駅から出ているバスで豊明団地界隈まで行き歩き出します。
IMG_6942.jpg

住宅街と里山の境界あたり、山火事注意の看板があります。
IMG_6943.jpg

豊明神社の横を見ながら進みます。
IMG_6944.jpg

木立に覆われた二村山への道、意外と寂しい場所です。
IMG_6946.jpg

峠地蔵尊の看板(アーケード?)を見つけて一安心。
IMG_6948.jpg

この界隈は鎌倉街道のようです。この道も探索したかったのですが、雨上がりで下がぬかるんでおり、またこの先大きな病院があり、そこをどう迂回するのかわからなかったので、今回はパスしました。
IMG_6950.jpg

峠地蔵尊。
IMG_6954.jpg

山火事注意の看板。最近こういう昭和チックな看板・標識も被写体です。
IMG_6955.jpg

展望台への指導標。
IMG_6956.jpg

二村山勝地の石碑。
IMG_6958.jpg

豊明市観光案内図も設置されていました。
IMG_6959.jpg

三等三角点沓掛71.8mはひっそりとありました。
IMG_6961.jpg

2011年11月12日撮影。


[ 2011/11/30 05:16 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(6)

前後駅界隈

名鉄名古屋本線前後駅、豊明市の玄関口の駅です。
駅前には市のマークのモニュメントもあります。
IMG_6924.jpg

バスターミナルも整備されています。
IMG_6926.jpg

かつての駅前の風情が残る場所、車窓から見る気になっていた看板。
R0024615.jpg

火の見櫓も残っています。
IMG_6927.jpg

国道1号線沿いにある火の見櫓。
IMG_6931.jpg

角のお店も味わいがありました。
IMG_6934.jpg

自転車専用通行帯がある道路もありました。この道路を自転車で往復すると脚力がつきそうです。
IMG_6936.jpg

2011年11月12日、3枚目のみ2011年11月5日 撮影。



[ 2011/11/29 05:24 ] 町並み | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。