スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東海道線をぶらり東へ 第3回 興津の町を歩くその2

前回の記事をアップしてからかなり時間が空いてしまいましたが、記事を続けます。

静岡県静岡市清水区興津の町歩きの続きです。

看板は新しそうですが、右から左に店名と電話番号が記載されているお店です。
IMGP4469.jpg

電線等の地中化でスッキリしているかと思いきや、片側には電柱があります。また道路を横断するケーブルも何本かあります。
IMGP4470.jpg

赤い丸型ポスト。交番と隣接する興津宿公園のところにありました。
IMGP4471.jpg

ホース乾燥塔。
IMGP4473_201510040937536c1.jpg

広告の文字が薄くなっていますが、子どもたちの横断標識と記されたもの。元々あった何かがなくなっているのかもしれません。
IMGP4475_20151004093752d0a.jpg

もう1基赤い丸型ポストがありました。
IMGP4476_20151004094533de1.jpg

旧道ですが国道1号線のキロポストがあります。
IMGP4479.jpg

東海道線が平行して走っています。
IMGP4480.jpg

大正時代はこの近くまで海岸線があったようです。
IMGP4482.jpg

これも火の見櫓というよりホース乾燥塔ですね。
IMGP4484.jpg

皇太子殿下御海水浴跡(明治時代のものです)。
IMGP4493.jpg

先ほどの火の見櫓兼ホース乾燥塔。
IMGP4494_20151004094715aed.jpg

消防信号の説明もありました。
IMGP4497.jpg

興津の町歩き、もう少し続きます。
2015年8月8日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2015/10/04 10:04 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

2015年5月 名鉄蒲郡線東幡豆駅界隈

名鉄のエコムーブトレインで吉良吉田まで行った後、蒲郡線に乗り東幡豆駅まで行きました。

吉良吉田駅停車中の蒲郡線電車(踏切より撮影)。
IMGP2977.jpg

ワンマン運転なので料金箱が設置されています。
IMGP2991_20150615062812912.jpg

三河鳥羽駅で反対電車と行き違い。
IMGP2992.jpg

東幡豆駅で下車しました。
IMGP2995.jpg

名鉄としては蒲郡線の廃止を計画しているので、ICカードなどの設備は設置されておらず、昔ながらのたたずまいの駅になっています。
IMGP3002.jpg

IMGP3008.jpg

IMGP3010.jpg

IMGP3011.jpg

駅を出て周辺をひとまわりしました。
IMGP3019_20150615062846895.jpg

IMGP3023_20150615062847e24.jpg

IMGP3025.jpg

IMGP3028_20150616063006c6e.jpg

火の見櫓、健在でした。
IMGP3036.jpg

旧道沿いには古い看板も残っていました。
IMGP3049.jpg

再び蒲郡線に乗りました。
IMGP3056.jpg

2015年5月30日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/16 06:36 ] 風景 | TB(0) | CM(6)

2015年6月 飯田線で本長篠へ

両親のお墓が飯田線本長篠駅の近くにあります。

いつもお彼岸と両親の命日近くに行っているのですが、このところ忙しく春のお彼岸には行くことが出来ませんでした。
母の命日を数日過ぎてしまいましたがお墓参りに行ってきました。

最近は電車賃の節約のため名鉄で豊川稲荷駅まで行き、豊川駅から飯田線に乗ることが多いです。
IMGP3183.jpg

名鉄豊川稲荷駅、かつては名古屋・岡崎へ直通と記された看板がそびえていましたがいつの間にか撤去されました(2012年9月撮影の写真です)。
DSCN6387.jpg

飯田線豊川駅。飯田線この先はICカードが使用できないことが大々的に掲示されています。
IMGP3187.jpg

反対側はようこそ豊川へと記されていました。
IMGP3188.jpg

やってきたのは313系です。名鉄豊川線とほぼ同時に入線したので思わずカメラを向けました。
IMGP3189.jpg

終点本長篠駅到着。ここまでは日中も1時間に1本あります。側線には工事車両が停車していました。
IMGP3190.jpg

本長篠駅前。
IMGP3196.jpg

内金踏切から見た本長篠駅構内。駅舎側の旧田口線への線路(以前もつながっていなかった)が撤去され、信号機が設置されました。
IMGP3197.jpg

内金橋で豊川(宇連川)の対岸に渡ります。
IMGP3200.jpg

橋の上からの眺めです。
IMGP3201.jpg

IMGP3202.jpg

乗本の火の見櫓。
IMGP3211_2015061400183097c.jpg

IMGP3214.jpg

火の見櫓の手前の一角が整地され工事が始まるようなのが少し気がかりです。

県道69号線のバイパス工事。いつ完成するのでしょうか。
IMGP3216.jpg

お墓参りの後、神社のお参りしました。
IMGP3225.jpg

鳳来寺山の眺めです。
IMGP3226_20150614001838948.jpg

この後は、この界隈、新城駅付近、豊橋駅付近をぶらり歩きして帰宅しました。豊川から飯田線に乗る前に豊川駅近くもぶらっと一回りしています。これらの写真は機会があればアップします。

2012年9月撮影の1枚を除き、2015年6月13日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。


[ 2015/06/14 00:25 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

七宝駅から蟹江駅へ 第8回 蟹江町須成の火の見櫓 その2

蟹江町須成地区には2基の火の見櫓があります。前回の記事です。

御葭橋と火の見櫓。
IMGP2745.jpg

御葭橋。須成祭の巻藁船や車楽船が通る時のみ上にあげるという、巻上げ橋です。
IMGP2756.jpg

火の見櫓のある風景。
IMGP2759_20150610110737f13.jpg

IMGP2760_20150610110738362.jpg

IMGP2772_201506101107554a3.jpg

この界隈で見た琺瑯看板です。
IMGP2765.jpg

IMGP2775.jpg

2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/11 05:53 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

七宝駅から蟹江駅へ 第7回 蟹江町須成の火の見櫓 その1

あま市蟹江川沿いの風景。
IMGP2722.jpg

小切戸排水機場。このあたりからあま市から海部郡蟹江町になります。
IMGP2721.jpg

東名阪自動車道。
IMGP2723.jpg

天王橋の袂に建つ蟹江町須成の火の見櫓。
IMGP2726.jpg

IMGP2729.jpg

IMGP2737.jpg

IMGP2747.jpg

IMGP2748.jpg

IMGP2750.jpg

須成祭が行われる冨吉建速神社・八剱社。
IMGP2735_2015060905141423f.jpg

周辺の町並みも風情がありました。
IMGP2732.jpg

IMGP2738.jpg

2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/09 05:37 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

七宝駅から蟹江駅へ 第6回 七宝町鯰橋の火の見櫓

七宝駅から蟹江駅へのぶらり歩きの続きです。

旧七宝町のマンホールの蓋。
IMGP2703.jpg

鷹居防災倉庫。この界隈にも火の見櫓があったようですが、今回は見つけることが出来ませんでした。
IMGP2706.jpg

鷹居の町を歩きます。
IMGP2709.jpg

名鉄バスセンター行き名鉄バスが通過して行きました。もう少し南に歩くことにします。
IMGP2710.jpg

IMGP2711.jpg

七宝町鯰橋の火の見櫓。熊野社に隣接して建っています。
IMGP2717.jpg

IMGP2712.jpg

消防団の倉庫に隣接しています。
IMGP2714.jpg

IMGP2720.jpg

もう少し歩きます。
2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/08 21:26 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

七宝駅から蟹江駅へ 第5回 七宝町川部の火の見櫓

愛知県あま市七宝町内を歩いています。

先ほど下田バス停のあった県道68号線からさらに南に向かいます。

次に出会ったのが川部の火の見櫓でした。
IMGP2697.jpg

櫓の上の方はからすが巣を作っているのかな。
IMGP2698.jpg

火の見櫓に隣接して防災倉庫が設置されています。
IMGP2699.jpg

背の高い櫓で遠くからもよく見えます。
IMGP2702.jpg

さらに南に進みました。
2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

[ 2015/06/06 08:23 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

七宝駅から蟹江駅へ 第3回 七宝町遠島の火の見櫓

あま市七宝町遠島の火の見櫓。

ここも先ほどの沖之島と同じタイプの背の高い火の見櫓です。
IMGP2665.jpg

IMGP2664.jpg

IMGP2668.jpg

IMGP2670.jpg

周辺には七宝焼きの工房もあるようです。
IMGP2672.jpg

IMGP2674.jpg

この火の見櫓も今年度撤去が計画されている中の1基かもしれません。

2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/05 03:28 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

七宝駅から蟹江駅へ 第2回 七宝町沖之島から遠島へ

愛知県あま市七宝町を歩いています。

道路に通学路と記された道。
IMGP2624.jpg

通学時間帯は歩行者専用道路のようです。
IMGP2625.jpg

振り返ると七宝町沖之島の火の見櫓が見えました。
IMGP2632.jpg

県道にかかる歩道橋。・
IMGP2630_20150604052705162.jpg

IMGP2631.jpg

川や水田の多い場所を進みます。
IMGP2634.jpg

IMGP2635.jpg

IMGP2638.jpg

IMGP2642.jpg

IMGP2645.jpg

IMGP2647.jpg

IMGP2648.jpg

遠島の集落に入ったようです。
IMGP2649.jpg

至る所に焼き物をデザインした街路灯があります。
IMGP2651.jpg

火の見櫓が見えてきました。
IMGP2654.jpg

2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/04 05:37 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

七宝駅から蟹江駅へ 第1回 七宝町沖之島の火の見櫓

名鉄津島線七宝駅で下車。
IMGP2592.jpg

用地の関係で狭い駅前。
IMGP2599.jpg

前回七宝駅訪問時は駅の北の方を回りました(→○●)。今回は南に向かって歩きます。
IMGP2601.jpg

駅前で見かけた看板類。
IMGP2600_20150602062441dbb.jpg

IMGP2603.jpg

踏切が鳴り振り替えると汽車の踏切標識の向こうを赤い電車が通過して行きました。
IMGP2604.jpg

尾張水道みちと交差します。
IMGP2606.jpg

こちらは悪水路。
IMGP2608.jpg

退屈な風景を歩きます。
IMGP2610.jpg

あま市七宝町沖之島の火の見櫓。
IMGP2611.jpg

IMGP2613.jpg

IMGP2615.jpg

IMGP2616_201506030538131b1.jpg

この火の見櫓も今年度中に撤去されるようです。

2015年5月16日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/06/03 05:47 ] 町並み | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。