スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鴨宮駅で下車

後半は東海道線下車の旅になった、2013年7月青春18きっぷ日帰り旅。
最後は鴨宮駅で下車しました。
DSCN2410.jpg

南口。
DSCN2422.jpg

新幹線発祥地の地のモニュメントがあります。
DSCN2412.jpg

北口。
DSCN2416_20130830051927253.jpg

こちらの商店街も、新幹線発祥の地をPR。
DSCN2419_201308300519283e0.jpg

改札口の横にはキオスクがあります。
DSCN2423_20130830051942cb6.jpg

東海道線下り電車(18きっぷの季節しか見かけない顔です…)に乗り、家路につきました。
DSCN2424.jpg

2013年7月28日撮影。


スポンサーサイト
[ 2013/08/30 05:28 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

根府川駅界隈をちょっと歩きました

根府川駅前。交番と郵便局があります。
DSCN3646.jpg

駅前の集落に向かう歩道橋。
DSCN3654.jpg

DSCN3656.jpg

学校や診療所などがあるようです。
DSCN3678.jpg


今回は駅前の通を海のほうに少し歩きました。
東海道線の線路の下を通ると海が見えます。
DSCN3657.jpg

頭上を電車が通過して行きます。これは185系かな。
DSCN3659.jpg

眼下に広がる相模湾。
漁船の列、先ほど行った小田原の港から出航してきたのでしょうか。
DSCN3661.jpg

小田原市街地方向。
DSCN3662.jpg

真鶴岬?の方向。
DSCN3669.jpg

道端に一等水準点がありました。ここの海抜は33.9mです。
DSCN3672.jpg

ここの海抜は33.9mです。
DSCN3673.jpg

根府川で忘れてはいけない、関東大震災の山崩れによる災害。『関東大震災殉難碑』にお参りしていきます。
DSCN3683.jpg

再び電車に乗って次の目的地に向かいます。
DSCN3688.jpg

2012年8月5日撮影。

[ 2012/08/21 06:16 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

海の見える根府川駅

次は根府川駅で途中下車。
長い15両編成の下り電車に乗ると絶壁の上のホームの端で降りることになります。
DSCN3636.jpg

電車を見送ります。
DSCN3638.jpg

ホームの海側には線路があります。
DSCN3639.jpg

駅名標。
DSCN3641.jpg

跨線橋の中。
DSCN3643.jpg

ようやく改札口に着きました。
DSCN3644.jpg

風格のある跨線橋。
DSCN3682.jpg

駅舎。
DSCN3645.jpg

別の角度から見た駅舎。
DSCN3679.jpg

建物財産標。
DSCN3680.jpg

根府川駅に停車する上り普通電車。
DSCN3649.jpg

DSCN3652.jpg

DSCN3653.jpg

2012年8月5日撮影.


[ 2012/08/20 05:19 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

早川駅の木造駅舎とみなとまつり

ここからが、今回の目的、木造駅舎めぐり。
少し前に開催されていたJR東海道線、伊東線木造駅舎スタンプラリーの記事を見つけ、それらの駅を青春18きっぷでめぐります。

小田原から1駅、早川駅で下車。
DSCN3608.jpg

お昼ですが多くの人が下車していきます。
DSCN3609.jpg

普段はひっそりとしている駅前もにぎやかです。
木造駅舎、赤い丸型ポストがアクセントになっています。
DSCN3611.jpg

この日は飾りつけも彩を添えています。
DSCN3622.jpg

早川駅近くのみなとで小田原みなとまつりが開催されていました。
DSCN3613.jpg

堤防の向こうに相模湾が広がっています。
DSCN3614.jpg

暑いので日向に座っている人は少ないです。
DSCN3615.jpg

日陰になっている会場は多くの人で賑わっています。
DSCN3616.jpg

まつりの会場を後にして駅に戻ります。
大正11年と記された早川駅の建物財産標。
DSCN3629.jpg

待合室の温度計もいい感じです。
DSCN3625.jpg

こじんまりした改札口。
DSCN3624.jpg

ホームから見た駅舎の屋根。
DSCN3630.jpg

再び下り電車に乗ります。
DSCN3633.jpg

2012年8月5日撮影。



[ 2012/08/19 12:35 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

小田原の駅前を散策

この後の予定も時間の余裕があるので、小田原の駅前界隈をひと歩きします。
DSCN3548.jpg

ちょっとレトロなアーケード街、アーケードのラインがおしゃれです。
DSCN3550.jpg

建物が歯抜けになった場所は駐車場になっています。
DSCN3553.jpg

アーケードの上の建物も魅力的です。
DSCN3557.jpg

この建物は…
DSCN3561.jpg

老舗の料亭の裏側でした。
DSCN3575.jpg

歩道橋ウオッチング。
DSCN3565.jpg

銘板観察、これがAFだとピントがあわない被写体…
DSCN3566.jpg

歩道橋脇の建物。
DSCN3570.jpg

ダイヤ街商店街。この路地にあった金沢カレーのお店で栄養補給(昼食)と水分補給のため小休止。
DSCN3576.jpg

小休止後再度歩き始めます。
大工町の角にポツンとあった赤い丸型ポスト。
DSCN3578.jpg

地図を持っていなかったのでちょっとコースアウトしたようです。駅前の方向に戻ります。
DSCN3588.jpg

街中で見かけた古い看板。
DSCN3589.jpg

おしゃれ横丁のゲートをくぐります。
DSCN3592.jpg

横丁で見かけたもの。
DSCN3595.jpg

夜に賑わう界隈のようです。お昼になりお店の前に客引きの方が出てくる時間帯になりました。

駅前の東通り商店街のタウンアーチ。
DSCN3598.jpg

次の機会があれば、涼しい季節に来て、お城の方を歩きたいです。駅前の観光案内所で次回用に地図を貰い次の目的地に向かいます。

2012年8月5日撮影。
[ 2012/08/19 07:22 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

小田原駅で途中下車

国府津から東海道線を西に戻ります。

小田原駅で途中下車。
DSCN3540.jpg

東海道線の84キロポスト。
DSCN3541.jpg

小田原というと提灯。駅のコンコースにも大きな提灯.
DSCN3542.jpg

コンコースで見かけた二宮尊徳像。
DSCN3602.jpg

そして小便小僧。
DSCN3603.jpg

新しい駅ビル。
DSCN3599.jpg

小田原駅前。
DSCN3543.jpg

DSCN3544.jpg

DSCN3601.jpg

そして小田原城。
DSCN3545.jpg

お城探訪はまたの機会として、夏空のもと町をひと歩きします。

2012年8月5日撮影。


[ 2012/08/18 12:23 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

国府津の看板建築と海岸線

今回、国府津の町を訪れたのは、道沿いに残っている看板建築の建物を見るためでした。
国道沿いに看板建築を見ながら東に向かいます。
本屋さん。
DSCN3492.jpg

DSCN3496.jpg

火の見櫓、櫓というより電柱です。
DSCN3501.jpg

不動産屋さんのイラストがいいです。ここは静岡ではなく湘南ですが。
DSCN3504.jpg

看板建築がある通の路地を抜けると相模湾が広がっています。海沿いにバイパスが出来る前は海岸沿いのいい住宅地だったのでしょう。
DSCN3516.jpg

真夏の海岸。
DSCN3508.jpg

DSCN3513.jpg

再び国道に戻り駅に戻ります。
2桁の電話番号、いつのものでしょうか。
DSCN3522.jpg

DSCN3524.jpg

国道は電線類は地中化したのですっきりしています。向こうに見えるのは箱根の山です。
DSCN3525.jpg

国府津駅前郵便局。日曜日なので閉まっています。
DSCN3526.jpg

DSCN3527.jpg

国道沿いの料亭。海岸沿いの老舗です。
DSCN3530.jpg

歩いたのは日曜のお昼前、シャッター通りでした。平日は郵便局をはじめとして何軒かはシャッターが開いているのでしょうか…

2012年8月5日撮影。





[ 2012/08/18 05:43 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

今回の一番東の駅は国府津駅

東海道線国府津駅で下車。
DSCN3483.jpg

ただ、この駅の出口は小田原よりなので、東京寄りの車両に乗ったため出口まで延々と歩きました…
隣のホームにはこの駅始発の湘南新宿ラインの快速電車が停車していました。
DSCN3485.jpg

国鉄時代からの昭和を感じる駅ビル。今はJR関係施設が入居しているそうです。
DSCN3487.jpg

開業100周年のモニュメント。
DSCN3536.jpg

駅前広場の乱横断禁止の看板。
DSCN3535.jpg

駅前から海が見えます。
DSCN3534.jpg

小田原市のマンホールの蓋。
DSCN3506.jpg

国道1号線から駅に入る角にある看板建築の建物。
DSCN3531.jpg

奥には風情のある蔵もありました。
DSCN3532.jpg


国府津の町を少し歩きます。

2012年8月5日撮影。
[ 2012/08/17 05:11 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。