スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅 第16回 信楽高原鐵道から再び近江鉄道へ

勅旨駅から乗った普通列車。
紫香楽宮跡駅を出ると次の貴生川駅までは9.6キロの長い駅間。
貴生川駅に向かって山を下るので、写真のような車窓が広がります。
IMGP7612.jpg

長期運休の原因となった杣川橋梁と信楽方面に上っていく線路(列車後方部から撮影)。
IMGP7622_20150207075041a43.jpg

車内の様子。
IMGP7615_20150207075040ace.jpg

貴生川駅停車中の草津線電車。
IMGP7623_20150207075044837.jpg

再び近江鉄道に乗ります。
IMGP7625_20150207075046055.jpg

日野駅で反対電車と行き違い。
IMGP7627_201502070751066e2.jpg

車内の様子。
IMGP7628_201502070751115ee.jpg

IMGP7629_20150207075114f26.jpg

八日市駅でパト電車が停車していました。
IMGP7632_2015020707511578e.jpg

IMGP7633.jpg

午前中に八日市駅構内で見た100系電車”湖風号”に乗ります。側面のエンブレムのアップを撮り忘れました…
IMGP7634_20150207082121ac7.jpg

新しい近代的な表示機が設置された車内。
IMGP7635_20150207082123744.jpg

午前中、車窓から気になるものを見かけた駅で下車します。
IMGP7638_2015020708212617a.jpg

2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2015/02/07 11:58 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅 第15回 勅旨駅と火の見櫓

勅旨駅で下車し再び列車を見送ります。
IMGP7586.jpg

信楽高原鐵道勅旨駅。ここも駅舎のないホームだけの駅です。
IMGP7587_20150206054735189.jpg

IMGP7608.jpg

年末の休暇のためかがらんとした自転車置場。
IMGP7609_20150206055340d58.jpg

ここで下車したのは、車窓からちらっと見えた火の見櫓を見に行くためです。IMGP7605.jpg

IMGP7595.jpg

IMGP7596.jpg

IMGP7600.jpg

勅旨とう地名、やはり天皇に由来する地名でした。クリックで拡大できます。
IMGP7593_20150207043452f79.jpg

看板のある場所にあった天神神社。
IMGP7594.jpg

IMGP7597.jpg

列車の時間が近づいたので駅に戻ります。駅の信楽寄りの”ふみきり”。
IMGP7607.jpg

この日中の運行はSKR311が担当しているようで、この日4回目の乗車になります。
IMGP7611.jpg

2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

[ 2015/02/07 04:47 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅 第14回 紫香楽宮跡駅まで歩きました

信楽高原鐵道雲井駅前。
IMGP7560.jpg

集落の中にあったお店。
IMGP7563.jpg

昭和の終わりごろに発売されたフィルムの看板。かなり色あせています。
IMGP7568.jpg

雲井小学校前。
IMGP7567_20150206044452777.jpg

小学校の入口には陶製の二宮金次郎がありました。
IMGP7565_201502060444519d2.jpg

雲井バス停。
IMGP7570.jpg

当初プランではここから石山駅へバスに乗る予定でした。
IMGP7571_20150206044518f96.jpg

バスの時間までまだ30分近くあるし、集落にもあまり見るものもないので、ここで計画変更。フリーきっぷをもっと満喫すべく隣の紫香楽宮跡駅まで歩くことにしました。

再び先ほどの雲井小学校の前を通りと郵便局があります。
IMGP7572_20150206044517653.jpg

国道307号線を歩きます。
IMGP7574_201502060445203c1.jpg

紫香楽宮跡駅前。
IMGP7577.jpg

駅舎はなくホームだけの駅です。
IMGP7580_2015020604573865a.jpg

IMGP7581.jpg

今度は信楽行き列車に乗ります。
IMGP7582_201502060457393fb.jpg

2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/02/06 05:01 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅 第13回 信楽高原鐵道 雲井駅

信楽駅から列車に乗って雲井駅で下車。
IMGP7540.jpg

IMGP7549.jpg

列車を見送ります。
IMGP7543.jpg

信楽線開業時は唯一の中間駅だったので、古い駅舎が残っています。
IMGP7550_2015020506003398a.jpg

IMGP7548.jpg

IMGP7553.jpg

駅舎の脇に立つ木がアクセントになっている駅です。
IMGP7544.jpg

IMGP7545_20150205055951537.jpg

IMGP7561.jpg

IMGP7546_20150205055953c05.jpg

IMGP7547_20150205060027eef.jpg

IMGP7556.jpg

雲井の町を少し歩きます。

2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

[ 2015/02/05 21:00 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

びわこ京阪奈線フリーきっぷの旅 第9回 貴生川駅で近江鉄道から信楽高原鐵道へ

貴生川駅に到着。
IMGP7444.jpg

近江鉄道の改札口。
IMGP7445.jpg

跨線橋から近江鉄道の電車を見ます。
IMGP7447.jpg

近江鉄道の所要時間案内。
IMGP7448.jpg

JRの改札口を通って信楽高原鐵道のホームに行きます。
IMGP7453.jpg

IMGP7450.jpg

IMGP7458_20150203063255611.jpg

信楽高原鐵道の旅を始めます!
IMGP7452.jpg


2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/02/03 22:36 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

信楽高原鐵道で信楽に行きました

2013年9月の台風による被災から1年以上の復旧工事を経て、2014年11月29日に運転再開した信楽高原鐵道に乗って信楽に行きました。

滋賀県に長く住みまた単身赴任していましたが、1991年に発生した事故のこともあり、信楽に行くのは1987年5月以来です。当時信楽線は第三セクター転換前だったので信楽高原鐵道になってからは初めての訪問です。

信楽駅で出発を待つ普通列車です。
IMGP7462.jpg

この日に利用したきっぷは”びわこ京阪奈線フリーきっぷ”もちろんびわこ京阪奈線が開業したわけではなくびわこ京阪奈線(仮称)鉄道構想のPRです。発売期間は2015年3月31日(火)までの土曜・休日(年末年始を除く)となっていますが12月1月の平日は信楽高原鐡道運行再開スタンプラリー参加者には平日でも販売するようです。
フリーきっぷ表フリ-きっぷ裏

近江鉄道の車内でもびわこ京阪奈線構想の広告が掲示されています。
IMGP7698.jpg

当日は近江鉄道近江八幡駅でこのきっぷを購入し、ここから近江鉄道の旅を始めました。
IMGP7228.jpg

いくつかの駅の訪問と町歩きをして貴生川に到着。
信楽線ホームで列車を待ちます。
IMGP7451.jpg

信楽高原鐵道のディゼルカーに初めて乗車。
IMGP7456.jpg

再開歓迎ムードの信楽駅。
IMGP7461.jpg

IMGP7464.jpg

IMGP7466.jpg

途中駅でも幟がたっていました。紫香楽宮跡駅にて撮影。
IMGP7582.jpg

もちろん信楽では町歩きもしましたが、年末の休暇に入っいるためか窯元は静かでした。
IMGP7530_201412290857170ec.jpg

再び近江鉄道の旅を続け、彦根駅で近江鉄道の旅を終えました。
IMGP7707.jpg

2014年12月28日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/12/29 09:15 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。