スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中山道美江寺界隈

樽見鉄道美江寺駅で下車。
IMGP2330.jpg

ホームだけの無人駅です。
IMGP2336.jpg

中山道美江寺の町を少しだけ歩きました。
IMGP2344_20150528052727653.jpg

道幅は当時のままのようで、車社会の現代では少し不便です。
IMGP2347.jpg

IMGP2352.jpg

酒の布屋。濃尾地震で倒壊を免れた建物とのことです。
IMGP2354_20150528052820d40.jpg

IMGP2358.jpg

中山道は美江神社の前で曲がっています。
IMGP2360.jpg

IMGP2361.jpg

再び中山道は曲がりますが、バスの時刻が近づいてきたのでここで折り返します。
IMGP2367.jpg

IMGP2372_20150528055800fbd.jpg

IMGP2373.jpg

IMGP2376.jpg

岐阜バス美江寺バス停。
IMGP2381.jpg

ここからバスに乗って移動します。
IMGP2382.jpg

2015年5月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2015/05/28 06:21 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

樽見鉄道モレラ岐阜駅

北方真桑駅から樽見鉄道に乗り次のモレラ岐阜駅で下車。
IMGP2320.jpg

名前の通りショッピングモールの最寄り駅です。
ほとんどの乗客がショッピングモールに向かいます。
IMGP2312_20150527061407395.jpg

発車する列車。
IMGP2313_201505270614096b0.jpg

IMGP2316_20150527061411ef2.jpg

ホーム。
IMGP2319.jpg

少し離れた場所にある待合室。
IMGP2318.jpg

時間がなくモレラ岐阜に行くことが出来ませんでした。列車の本数が少ないのが難点です…
上り列車がやってきます。
IMGP2324.jpg

IMGP2327.jpg

この列車に乗って次の目的地に向かいます。
IMGP2329_20150527061541994.jpg

2015年5月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/05/27 22:16 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

北方真桑駅から樽見鉄道に乗車

大野バスセンターから岐阜バスに乗って上真桑バス停で下車し、樽見鉄道北方真桑駅に向かいます。

乗り換え時間が良すぎて少し慌てましたが何とか列車に間に合いました。

北方真桑駅は2年前に訪れています(→○●)が、駅名標が新しくなった(写真撮り忘れました)以外は、当時と大きく変化はないようでした。

丸型ポストのある駅前。
IMGP2306.jpg

待合室。ベンチの落書きも2年前のまま…
IMGP2307_20150527053527693.jpg

窓口。
IMGP2308_20150527053529f02.jpg

構内の様子。
IMGP2309_20150527053532f35.jpg

下り列車がやってきました。
IMGP2310_20150527053533d82.jpg

IMGP2311.jpg

この列車に乗って次の目的地に向かいます。

2015年5月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2015/05/27 06:00 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

樽見鉄道散策 9 北方真桑駅へ

東大垣駅から再び樽見鉄道下り列車に乗ります。

最後尾からの眺め。
DSCN2061.jpg

DSCN2064_201308130651171fd.jpg

DSCN2065.jpg

DSCN2068.jpg

名鉄揖斐線跡と立体交差。
DSCN2070_20130813065122e1a.jpg

列車交換の北方真桑駅で下車。
DSCN2071_2013081306515106b.jpg

駅名標。
DSCN2076.jpg

名所案内標。
DSCN2074_20130813065157802.jpg

ホーム中央の待合所。
DSCN2075.jpg

駅舎へと向かいます。
DSCN2077.jpg

DSCN2078.jpg

DSCN2079_2013081306531562e.jpg

待合室。
DSCN2080.jpg

駅舎。駅前には丸型ポストも健在です。
DSCN2083.jpg

2013年7月21日撮影。



[ 2013/08/13 20:33 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

樽見鉄道散策 8 東大垣駅にて

谷汲口駅から東大垣駅まで戻ってきました。
DSCN2018.jpg

大垣行きの列車を見送ります。
DSCN2017.jpg

この駅は東海道線と平行した場所にあるのでいつも車窓から眺めていましたが、下車するのは初めてです。
DSCN2022.jpg

駅の名所案内。
DSCN2054.jpg

構内通路を通って駅舎に向かいます。
DSCN2019.jpg

少し古めの駅舎がある駅です。
DSCN2025.jpg

以前から気になっていた琺瑯看板を観察してきました。
DSCN2033.jpg

もう1箇所はねじりまんぼの通路観察。
DSCN2037_201308120634221f5.jpg

DSCN2043.jpg

DSCN2044.jpg

列車の時刻が近づいたので駅に戻ります。この階段も駅への通路のようです。
DSCN2050_20130812063429f88.jpg

東海道線の電車はひっきりなしに通ります。
DSCN2055.jpg

再び樽見鉄道の下り列車に乗ります。
DSCN2059_2013081206353005d.jpg

2013年7月21日撮影。


[ 2013/08/13 04:58 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

樽見鉄道散策 7 谷汲口駅にて

樽見鉄道谷汲口駅。
DSCN1988_201308120456568da.jpg

駅前にある東海自然歩道の案内板。東海銀行、名鉄谷汲線の路線が記載されているのでその時代に設置されたものだと思われます。
DSCN1989.jpg

谷汲口駅を訪問したのは、構内に保存されている旧国鉄オハフ33を見るためです。樽見鉄道に譲渡され廃車となった車両です。
DSCN1990.jpg

DSCN1993_20130812045707cf7.jpg

DSCN1995_20130812045710783.jpg

DSCN1998.jpg

DSCN2004.jpg

DSCN2005.jpg

ホーム。かつては行き違いが可能な駅だったようです。
DSCN2000_201308120457481b7.jpg

DSCN2001.jpg

列車に接続する谷汲山からのバスが到着しました。
DSCN2007.jpg

先ほどの神海で下車した列車が樽見で折り返してきました。
DSCN2011.jpg

2013年7月21日撮影。



[ 2013/08/12 05:15 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

樽見鉄道散策 4 神海駅にて

本巣駅から下り列車に乗り神海駅で下車。
ここは国鉄樽見線時代の終着駅で、1980年代に2度訪れたことがあります。当時は美濃神海駅でした。
DSCN1918_2013080905193722b.jpg

樽見行き列車を見送ります。
DSCN1920_201308090519458b4.jpg

名所案内。
DSCN1923_201308090519519c3.jpg

駅名標。
DSCN1924.jpg

いずれもリニューアルされていました。

駅舎。
DSCN1925.jpg

上屋のないホーム。
DSCN1927.jpg

改札口跡。
DSCN1928_20130809052732689.jpg

待合室。
DSCN1929.jpg

駅の入口。美濃の2文字を撤去したことがよくわかります。
DSCN1931.jpg

駅舎。
DSCN1934.jpg

駅前通り。
DSCN1933.jpg

隣の谷汲口駅まで歩き、先ほどの列車が樽見で折り返した列車に乗ろうと思います。

2013年7月21日撮影。

[ 2013/08/09 05:36 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

樽見鉄道散策 3 本巣駅にて

樽見駅から本巣駅まで戻ってきました。

ここで10分の待ち時間で再び下り列車に乗ります。
DSCN1889.jpg

駅舎へ続く通路。
DSCN1909_20130807051530a4b.jpg

旧改札口。ヘルメット掛が現場事務所の出入り口を連想させます。
DSCN1891.jpg

駅舎。
DSCN1893.jpg

駅舎内。
DSCN1894.jpg

再び駅構内に入ります。
レールバスの運転体験会が開催されていました。
DSCN1895.jpg

その横を下り列車が入線します。
DSCN1896.jpg

ホームに戻って構内を少し観察します。
懐かしい長いベンチ。
DSCN1900.jpg

名所案内板。
DSCN1902.jpg

かつての貨物輸送の名残の広々とした構内。
DSCN1905_20130807051507abc.jpg

ホーム中ほどの屋根付待合スペース。
DSCN1910.jpg

再び下り列車に乗って次の目的地に向かいます。
DSCN1908_20130807055359f0b.jpg

2013年7月21日撮影。


[ 2013/08/08 05:06 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

樽見鉄道散策 2 樽見駅界隈を少しだけ散策

大垣駅から1時間少しで終点樽見駅に到着します。
DSCN1858_201308060623401a5.jpg

駅前には広々としたロータリーがありますが、接続しているうすずみ温泉シャトルバスが停車しているだけです。
DSCN1859_20130806062200ae4.jpg

折り返し時間は16分ですが、町のほうに行って見ます。駅前に町があるわけではなく駅からぐるっと大回りして町に行くことになります。ホームの反対側は市街地なのでそこから歩道等があってもいいのにと感じました。
DSCN1868_20130806062201ff6.jpg


旧根尾村のマンホールの蓋。
DSCN1867.jpg

根尾村といえば薄墨桜。
DSCN1869.jpg

根尾川。
DSCN1870.jpg

DSCN1871.jpg

樽見の町並み。
DSCN1876.jpg

DSCN1877_20130806062311a12.jpg

少し早足で樽見駅まで戻ってきました。
DSCN1879.jpg

ホームからは樽見の町を間近に見ることが出来ます。
DSCN1881.jpg

DSCN1885.jpg

2013年7月21日撮影。


[ 2013/08/06 21:57 ] 風景 | TB(0) | CM(4)

樽見鉄道散策 1 大垣駅にて

今回から樽見鉄道散策の記事をアップします。

大垣駅の片隅で発車を待つ樽見鉄道のディゼルカー。
DSCN1846.jpg

養老鉄道は独立した改札口と駅舎がありますが、樽見鉄道は元々国鉄樽見線だった経緯からJR大垣駅の片隅から発車します。
DSCN1852.jpg

DSCN1847_201308050618055dd.jpg

DSCN1853_20130805061830edb.jpg

樽見鉄道の大垣駅の駅名標、どこにあるのかな…

樽見鉄道のディゼルカー。
DSCN1850.jpg

DSCN1851.jpg

日曜のお昼の車内、学生やモレラ岐阜への買い物客で賑わっていましたが、谷汲口を過ぎると閑散としました。
DSCN1854_201308050618304ff.jpg

2013年7月21日撮影。


[ 2013/08/05 23:22 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。