スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土木遺産、箱根登山鉄道

箱根登山鉄道強羅駅。
DSCF4343.jpg

駅の出入り口の左側にいろいろなプレートがかかっています。クリックで拡大できます。
DSCF4345.jpg

箱根登山鉄道自体が土木遺産に認定されています。

箱根登山鉄道の旧型電車。外見・車歴は長くても駆動装置の更新等が施されています。
DSCF4332.jpg

モ2形108号車の車内。
DSCF4391.jpg

窓の開閉クリップ、最近あまり見かけませんね。
DSCF4393.jpg

近代的な箱根湯本駅に着いたモ2系。屋上の搭載物は抵抗器、急坂での抵抗の発熱の冷却を考慮した設計です。
DSCF4395.jpg

箱根湯本-小田原間の箱根登山鉄道は小田急の車両のみ走行します(営業運転では)。
DSCF4397.jpg

箱根登山鉄道は標準軌、小田急は狭軌なので箱根湯本から車庫のあるまで入生田までは三線軌条になっています。
DSCF4401.jpg

箱根湯本で発車を待つ小田原行電車。
DSCF4402.jpg

2012年5月25日撮影。


スポンサーサイト
[ 2012/05/28 23:41 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

箱根登山ケーブルカーに乗りました

箱根登山ケーブルカー。強羅駅と早雲山駅間1.2キロ、標高差214mを結んでいます。

今回箱根に行ったのはこの路線に乗るのも目的の1つでした。
強羅駅で発車を待つケーブルカー。
DSCF4350.jpg

この線路を登っていきます。
DSCF4353.jpg

路線途中の行き違い区間。
DSCF4356.jpg

10分ほどで早雲山駅に到着します。
DSCF4360.jpg

ロープウエイの営業修了が迫った時刻、一日の観光を楽しんだ最後の方々がケーブルカーに向かいます。
DSCF4361.jpg

早雲山駅。駅前にはハイキング終了後の靴の泥落とし場所が設置されていました。到着したときは箱根ロープウエイの営業終了時刻だったので、駅前も閑散としていました。
DSCF4362.jpg

駅前広場からの展望。天気が悪い(小雨が降ってきました)のが残念でした。写真はクリックで拡大できます。
DSCF4367.jpg

この路線の乗車で、私鉄のりつぶしは私鉄乗車キロ6939.5km(乗車率 92.9%)になりました。
私はのりつぶしオンライン私鉄版を利用しています。

2012年5月25日撮影。

帰路は、小雨の中、歩いて強羅駅まで戻りました。
214mの標高差の下り、意外と膝に来ました…
[ 2012/05/27 04:56 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。