スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遠鉄・天浜線の駅めぐり 戸綿駅

遠鉄・天浜線の駅めぐり、最後は戸綿駅で下車しました。
IMGP1216.jpg

乗ってきた列車を見送ります。
IMGP1212.jpg

駅舎はなくホーム上に待合室があります。
IMGP1213.jpg

先ほどの列車と隣の遠州森駅で交換した上り列車がやってきました。
IMGP1218.jpg

ホームから見た戸綿の街。
IMGP1222.jpg

駅へは階段を登る必要があります。
IMGP1226.jpg

この界隈にも火の見櫓がありました。
IMGP1228.jpg

次の列車まで駅周辺を歩きます。あいにくポツポツと雨が降り出しました。
IMGP1230.jpg

IMGP1233.jpg

IMGP1237.jpg

IMGP1241.jpg

IMGP1243.jpg

IMGP1245.jpg

IMGP1244.jpg

再び下り列車に乗ります。
IMGP1250.jpg

往路と逆ルートで西鹿島で遠鉄に乗り換え帰路につきました。

2014年8月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2014/09/03 05:37 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

遠鉄・天浜線の駅めぐり 円田駅

遠江一宮駅の次の駅、円田駅で下車。この駅は第三セクター化時に開業した駅です。
IMGP1164.jpg

乗ってきた列車を見送ります。
IMGP1163.jpg

駅舎はなくホームだけの駅ですが、手入れが行き届いています。
IMGP1181.jpg

IMGP1182.jpg

駅への入口。駅の標識は見当たりませんでした。
IMGP1166.jpg

駅前には火の見櫓がありました。
IMGP1168.jpg

IMGP1170.jpg

ホームの山側でしばし待機。
IMGP1173.jpg

下り列車がやってきました。
IMGP1176.jpg

乗降客なく出発。
IMGP1178.jpg

再び上り列車に乗ります。
IMGP1183.jpg

2014年8月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/09/02 04:57 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

遠鉄・天浜線の駅めぐり 遠江一宮駅

次は遠江一宮駅で下車。
IMGP1127.jpg

列車が発車した後のホーム。
IMGP1129.jpg

”遠江”の国名が残る唯一の駅です。
IMGP1132.jpg

IMGP1133.jpg

この駅も駅舎(本屋)は国の登録有形文化財として登録されています。
桜木駅とは対照的にスッキリした待合室。
IMGP1134.jpg

駅名の由来になっている遠江國一宮、小國神社には徒歩で1時間弱かかります。
駅前の様子。
IMGP1135.jpg

IMGP1136.jpg

IMGP1138.jpg

次の列車までの間、県道まで火の見櫓を眺めに行きました。遠州のこの界隈、火の見櫓が多く残っています。
IMGP1144.jpg

駅に戻り列車到着までの間、構内をぼんやり眺めました。
IMGP1153.jpg

IMGP1155.jpg

再び上り列車に乗ります。
IMGP1159.jpg

IMGP1160.jpg

2014年8月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/09/01 22:22 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

天浜線の旅(その5) 火の見櫓を見ながら遠州森駅に戻ります 

小國神社を後にして、峠を迂回するルートで遠州森駅に戻ります。
森町には多くの火の見櫓が残っています。今回も既に2基観察しています。

帰り道、森町一宮宮代の火の見櫓。
DSCN6042.jpg

DSCN6047.jpg

DSCN6048.jpg

斜面に広がる茶畑を見ながら走ります。
DSCN6050.jpg

森町草ヶ谷の火の見櫓。
DSCN6053.jpg

DSCN6057.jpg

通り沿いで見かけたバス待合所。
DSCN6058.jpg

遠州森駅から再び天浜線に乗ります。
DSCN6072.jpg

遠江一宮駅。先ほど行った小國神社の最寄駅です。でも駅から歩くとかなりの距離があります。休日には神社の送迎バスもあります。
DSCN6075.jpg

車窓に広がる茶畑。
DSCN6076.jpg

上野部駅のユニークな駅名標。
DSCN6078.jpg

続きます…

2012年9月22日撮影。


[ 2012/10/11 05:24 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

天浜線の旅(その4) 陣屋峠を経て小國神社へ

森町歴史風俗資料館を後にして、まだまだ体力があることを確認し、3.5キロではありますが起伏の多いコースを次の目的地に向けて走ります。
こういるルートがあるので駅のレンタサイクルといえども6段変速車のようです。
峠道の景色を撮らずに看板だけ撮っていました。
DSCN6012.jpg

最後は自転車を押して陣屋峠に到着。
DSCN6014.jpg

特に見晴らしはありませんでした…
DSCN6015.jpg

さらに進みます。途中で分岐すると森の石松のお墓がある大洞院に行くことが出来ますが、坂もあり関心も低いのでパスします。
山間の田園地帯。
DSCN6016.jpg

こういうのどかな道を進みます。
DSCN6017.jpg

川の起点の看板。
DSCN6020.jpg

山火事注意の看板。
DSCN6021.jpg

峠道を撮らずに看板や標識ばかり撮っていると小さな峠を越えて下ると目的地に到着!
DSCN6022.jpg

神社は多くの人で賑わっています。
DSCN6036.jpg

DSCN6024.jpg

荘厳な参道。
DSCN6025.jpg

DSCN6035.jpg

DSCN6034.jpg

DSCN6033.jpg

お参りをして
DSCN6026.jpg

DSCN6028.jpg

神社を後にします。
DSCN6029.jpg

2012年9月22日撮影。
[ 2012/10/10 22:04 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

天浜線の旅(その3) 森町歴史民族資料館へ

森町城下から森町市街地に戻ります。
太田川沿いの県道沿いにある森町天宮の火の見櫓。右手の山が天方城址でしょうか。
DSCN5976.jpg

森の町並みところどころ自転車を止めながらのんびり行きます。
DSCN5979.jpg

DSCN5981.jpg

DSCN5984.jpg

DSCN5987.jpg

DSCN5990.jpg

市街地の外れにある森町歴史民族資料館。
DSCN5993.jpg

旧周智郡役所を移築改築した資料館です。
DSCN5994.jpg

DSCN5995.jpg

DSCN6006.jpg

DSCN6007.jpg


館内には生活用具や地域の資料であふれています。その中から少しだけご紹介します。
消防用具。
DSCN5998.jpg

薬の看板類。
DSCN6002.jpg

国鉄時代の駅名標。
DSCN6004.jpg


一回りして次の目的地に向かいます。

2012年9月22日撮影。


[ 2012/10/10 05:21 ] 施設 | TB(0) | CM(2)

天浜線の旅(その2) 遠州森駅から城下へ

遠州森駅でレンタサイクルを借りて、自転車散歩を開始します。

振り返って見た遠州森駅。
DSCN5944.jpg

いたわりゾーンの標識、前にこれを見たのは静岡市だったかな…
DSCN5946.jpg

商店街を抜けて行きます。
DSCN5947.jpg

小さなアーケードがあります。
DSCN5948.jpg

こちらも小さなアーケードがあります。道幅が狭いので一方通行になっています。
DSCN5949.jpg

印象に残った建物。
DSCN5951.jpg

秋葉街道沿いを進んで行きます。
DSCN5952.jpg

この町並みをすぎてしばらく行くと目的地の秋葉街道城下の町に入ります。のこぎり状になった町並みです。ここも道幅が狭いので車は一方通行です。
DSCN5973.jpg

更地になった場所もところどころあります。
DSCN5972.jpg

鍵型に曲がる町並み、火の見櫓も建っています。
DSCN5954.jpg

振り返って見た火の見櫓。
DSCN5957.jpg

町並みを進みます。
DSCN5956.jpg

郵便局の前には隠れるように赤い丸型ポストがありました。
DSCN5958.jpg

郵便局界隈の町並み。
DSCN5969.jpg

町並みの裏手にある太田川。
DSCN5960.jpg

ここには潜水橋がかかっています。
DSCN5962.jpg

DSCN5963.jpg
私は眺めるだけにしました…

遠州森町自転車散歩のレンタサイクル、6段変速です。
DSCN5968.jpg

2012年9月22日撮影。




[ 2012/10/09 05:16 ] 町並み | TB(0) | CM(6)

秋分の日に見た彼岸花

秋分の日、天竜浜名湖鉄道沿線の小旅行に行きました。
DSCN5937.jpg

駅で借りた自転車で郊外を走ると、彼岸花が咲いていました。
DSCN6010.jpg

DSCN6041.jpg

暑い日が続いてきましたが、季節は確実に秋に向かっています。

2012年9月22日撮影。
[ 2012/09/22 23:59 ] 今日の1枚 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。