FC2ブログ











2年ぶりに尾村山へ行きました

太平洋ロングビーチで日の出を見た日、午前中は赤羽根文化の森にある尾村山に行きました。

前回の訪問は2年前でした。これも泊りがけで長女の合格報告に帰省した時でした。

麓から見た尾村山。
IMGP5686.jpg

IMGP5693.jpg

IMGP5767.jpg

東側から登っていく途中の眺め。
IMGP5705.jpg

蔵王山が小さく見えます。
IMGP5710.jpg

山頂には展望台があります。
IMGP5738.jpg

赤羽根村二等三角点。
IMGP5736.jpg

展望台からの眺めです。
IMGP5724.jpg

IMGP5725.jpg

IMGP5726.jpg

IMGP5729.jpg

IMGP5730.jpg

IMGP5733.jpg

西側へ下山途中にはサンテパルクたはらのある芦ヶ池の全体を見ることが出来ます。
IMGP5748.jpg

西側の上り口の少し古めの看板。
IMGP5751.jpg

遊歩道も整備されておりお勧めの場所です。

2014年3月16日、K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。


スポンサーサイト



[ 2014/03/27 04:42 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(0)

普門寺の紅葉と豊橋自然歩道

豊橋市にある普門寺の紅葉見学と豊橋自然歩道の低山ハイクに行ってきました。

普門寺、公共交通機関でのアクセスは東海道線新所原駅になります。この日は新所原駅から二川駅まで歩きました。GPSでのログです(クリックで拡大できます)。
121201豊橋自然歩道

参道の紅葉。
DSCN0133.jpg

高野山真言宗普門寺。
DSCN0144.jpg

DSCN0147.jpg

この日は紅葉まつりが開催されており、文化財収蔵庫の(国・重要文化財)御開帳が行われていました。木造阿弥陀如来坐像、木造釈迦如来坐像、木造四天王立像の実物は見ごたえがありました。撮影禁止なの写真はありません。写真は文化財収蔵庫です。
DSCN0168.jpg

この後、後ろの稜線を歩きました。
DSCN0156.jpg

境内を歩きます。
DSCN0170.jpg

DSCN0171.jpg

DSCN0173.jpg

DSCN0184.jpg

お寺は山沿いにあります。下界に町並みが見えます。
DSCN0182.jpg

普門寺の大杉。
DSCN0178.jpg


山の中腹にある元堂跡の紅葉。
DSCN0198.jpg

DSCN0199.jpg

この後普門寺峠まで上ります。
DSCN0206.jpg

ここから豊橋自然歩道を二川まで歩きました。
この日歩いた山並みです。この尾根沿いに自然歩道が整備されています。
DSCN0235_20121202074622.jpg

途中の座談山から見た景色。左手は浜名湖、正面は遠州灘です。写真はクリックで拡大できます。
DSCF5490.jpg

2012年12月1日撮影。
[ 2012/12/02 08:05 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(4)

犬山遊園駅から善師野駅へ その4 善師野宿から善師野駅へ

継鹿尾山低山ハイクの最終回です。

継鹿尾山山頂から善師野駅と記された指導標に従い東海自然歩道を進みます。
DSCN9660.jpg

長い階段を下ります。
DSCN9685.jpg

犬山市そして県境を越えて岐阜県可児市の住宅地が広がっています。
DSCN9687.jpg

前方に雪を被った御嶽山を見ることが出来ました。
DSCN9690.jpg

アップダウンを繰り返しながら進みます。
DSCN9693.jpg

東海自然歩道の指導標がいろいろある界隈。この近くが愛知県と岐阜県の県境です。
DSCN9704.jpg

DSCN9705.jpg

善師野駅と記された方向に行きます。この界隈が木曽街道の石拾いの峠のようですが、それを記すものは見当たりませんでした。
DSCN9702.jpg

下り坂を進むと大洞池の畔に出ます。
DSCN9716.jpg

DSCN9713.jpg

ここから東海自然歩道を離れて木曽街道だった道を進みます。
DSCN9725.jpg

道沿いにある一里塚跡の石碑が街道だったことを示してくれます。
DSCN9726.jpg

木曽街道善師野宿の町並み。小さな宿場だったようです。
DSCN9730.jpg

DSCN9737.jpg

DSCN9738.jpg

手書きの宿場の案内地図。ここでは禅寺野と記載されています。
DSCN9739.jpg

なぜか気になったスローガン。
DSCN9750.jpg

名鉄広見線善師野駅。
DSCN9741.jpg

DSCN9749.jpg

GPSの軌跡。クリックすると拡大できます。
121124継鹿尾山

今回も最後まで見ていただきありがとうございました。

2012年11月24日撮影。





[ 2012/11/29 05:24 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(2)

犬山遊園駅から善師野駅へ その3 継鹿尾山 山頂へ

継鹿尾山山頂からの眺め(クリックで拡大できます)。
DSCF5280.jpg

寂光院の境内を東海自然歩道が通っています。
DSCN9640.jpg

お寺の奥にある赤い鳥居。
DSCN9644.jpg

いろいろな注意標識。愛知県内の里山でよく見かける山火事防止の琺瑯看板?。
DSCN9645.jpg

三角点への指導標に従い山道に入ります。
DSCN9648.jpg

いろいろな記事で紹介されている手摺のある岩場。
DSCN9650.jpg

少し登って振り返ってみると、街が小さくなってきました。
DSCN9654.jpg

尾根に上がったあたりにある御嶽神社。
DSCN9655.jpg

あの山の上が継鹿尾山山頂です。
DSCN9656.jpg

山頂から降りてくる団体向けの入山規定の看板。
DSCN9657.jpg

継鹿尾山山頂にあった東海自然歩道の案内図。
DSCN9663.jpg

展望図。こちらは三角点と現在地を表記しています。継鹿尾山というと寂光院を示すことになるからでしょうか。
DSCN9664.jpg

継鹿尾山山頂にある栗栖村二等三角点。
DSCN9683.jpg

東屋で一休みし、展望を楽しみます。
眼下に犬山城。観覧車の奥のあたりになります。
DSCN9666.jpg

伊吹山も見ることが出来ました。
DSCN9667.jpg

金華山方面。
DSCN9668.jpg

名古屋駅前の高層ビル群。
DSCN9669.jpg

木曽川の流れをアップで、赤い名鉄電車も写っています。
DSCN9675.jpg

鵜沼・新鵜沼駅も俯瞰してみました。
DSCN9681.jpg

2012年11月24日撮影。



[ 2012/11/28 05:28 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(0)

犬山遊園駅から善師野駅へ その2 寂光院へ

木曽川沿いを歩いて行きます。
道沿いには日中運行される紅葉バスがスタンバイ中。
DSCN9566.jpg

ここから川沿いの道から寂光院の参道に入ります。
DSCN9568.jpg

色づいた木々を見るとモチベーションもあがってきます。
DSCN9572.jpg

”もみじでら”です。
DSCN9577.jpg

お迎え地蔵。
DSCN9580.jpg

整備された石段を登って行きます。
DSCN9587.jpg

途中で振り返ると、街が小さく見えます。
DSCN9588.jpg

石段の途中にて。
DSCN9589.jpg

石段を上り下り出来ない人向けに、スロープカーも整備されていました。山の斜面を物資を輸送する軌道に人が乗車することの出来る車両を取り付けたものです。
DSCN9593.jpg

境内からは先ほど通った犬山橋横の巨岩が小さく見えます。
DSCN9600.jpg

観覧車はモンキーパークです。
DSCN9606.jpg

境内の紅葉は見頃。朝の光が差し込むとその輝きを増していました。
DSCN9608.jpg

DSCN9614.jpg

DSCN9616.jpg

DSCN9617.jpg

DSCN9618.jpg

DSCN9622.jpg

DSCN9641.jpg

2012年11月24日撮影。




[ 2012/11/27 05:16 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(2)

犬山遊園駅から善師野駅へ その1 木曽川沿いを行く

犬山市にある継鹿尾山、紅葉にあわせて行ってきました。

名鉄犬山線犬山遊園駅で下車。朝7時半はがらんとしていますが日中の多くのお客さんを受け入れる準備が完了しています。
DSCN9530.jpg

隣では2008年12月に廃止になったモノレール設備の撤去工事中。私も子どものころ両親に連れられて犬山の遊園地に行ったときに乗りました、結局乗ったのはその時限りです。
DSCN9531.jpg

犬山遊園駅東口駅前。朝はひっそりとしています。
DSCN9533.jpg

DSCN9534.jpg

犬山橋を渡る名鉄電車。
DSCN9537.jpg

木曽川と記された親柱。対岸は岐阜県になります。
DSCN9542.jpg

犬山鵜飼。
DSCN9545.jpg

柵で見づらくなった、東海自然歩道の指導標。設置母体が違うとこうなるのはいかにもお役所的…
DSCN9549.jpg

木曽川の眺め。右下の監視装置があるのは名古屋市上水道の犬山取水場。
DSCN9551.jpg

道端に聖跡の石碑が。
DSCN9552.jpg

がけ崩れ防止工事も石碑を配慮して施工されています。
DSCN9553.jpg

曇天で、歩いている人も地元の方ばかりでモチベーションが上がりませんが、よそ見ばかりしながら歩いて行きます。
DSCN9556.jpg

晴れていると木々の彩が映えるのに…
DSCN9557.jpg

犬山国際交流村。曇っていても美しい。
DSCN9560.jpg

駐車場の紅葉が美しいのは全国共通のようです。
DSCN9563.jpg

2012年11月24日撮影。




[ 2012/11/26 21:57 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(2)

健康の森 太陽の丘、展望の丘

今回の低山ハイクは、岡崎中央総合公園にある健康の森に行ってきました。
自宅から全て徒歩で行くことが出来る場所です。

市民病院と中央総合公園、いずれも市街地から少し離れた丘の上にあります。自動車がないと行くのに不便な場所です…
DSCN7721.jpg

高隆寺大橋の袂に出ることが出来る階段は通行止め、廃道(廃階段?)になっています。
DSCN7726.jpg

車道を中央総合公園に行こうとするとかなり大回りになるので、このまま中央クリーンセンターの向かい側にある健康の森駐車場まで歩いて行くことにしました。
高隆寺集落付近です。
DSCN7728.jpg

火の見櫓はないけど半鐘は健在です。
DSCN7730.jpg

振り返るとかなり坂を上がってきたことがわかります。
DSCN7735.jpg

健康の森駐車場奥にある少し古めの案内図。横に中電鉄塔巡視路の標識が新設されました。中央クリーンセンターの施設設置にあたり、山の上に何本もの鉄塔が新設されました(→○●)。
DSCN7740.jpg

最高地点の太陽の丘。
DSCN7753.jpg

ここには高隆寺村2等三角点と反射板があります。
DSCN7750.jpg

太陽の丘展望台からの眺め、島のような山は竜美丘の野鳥の森と水道局の丘です。
DSCN7747.jpg

午後の逆光で光って見える三河湾。右手前の東屋が展望の丘です。
DSCN7757.jpg

次は展望の丘に向かいます。
DSCN7774.jpg

展望の丘からの眺め。
DSCN7781.jpg

DSCN7785.jpg

帰りは自然観察の里の木道を通って行きます。
DSCN7812.jpg

小美観音バス停。バスの本数は非常に少ないです。私は県道35号線沿いに歩いて帰ります。
DSCN7836.jpg

乙川沿いの山が迫った区間。
DSCN7842.jpg

丸山町の火の見櫓。
DSCN7853.jpg

国道1号線大平橋。先週行った桑谷山がよく見えます。
DSCN7867.jpg

御用橋で乙川を渡る頃には日も沈んでしまいました。
DSCN7889.jpg

渋滞している大西陸橋の上から今日行った低山を眺めます。中央総合公園の野球場の照明も点灯されています。
DSCN7890.jpg

2012年10月20日撮影。


[ 2012/10/21 04:43 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(4)

桑谷山から遠望峰山を歩いてきました

ようやく、涼しくなってきた土曜日、天気が良さそうなので自宅ベランダから見ることの出来る桑谷山から遠望峰山に低ハイクに行きました。

名鉄美合駅から羽栗経由本宿行きのバスに乗ります。
DSCN7509.jpg

桑谷バス停で下車。美合方面行きのバス停小屋。後ろの山並みが本日の目的地です。桑谷山頂に立つ航空用レーダードームが麓からは目印になる山です。
DSCN7512.jpg

桑谷キャンプ場と桑谷山荘を結ぶ整備された道を登って行きます。
DSCN7538.jpg

桑谷山荘へショットカットする分岐点を見逃したので先に桑谷展望台からの眺めを楽しみます。岡崎市方面の展望は手前の木々が大きくなり悪くなったように感じがします…
DSCN7557.jpg

三河湾の眺め(写真はクリックで拡大できます)。
DSCF5002.jpg

今年の年末で閉鎖される桑谷山荘を眺めに行きました。展望台からだとかなり下ります。
DSCN7575.jpg

再び展望台まで戻り、尾根伝いの道を進みます。
DSCN7579.jpg

レーダドームの脇に出来ました。
DSCN7581.jpg

桑谷山の山頂はこの横にあります。一等三角点ですが眺めはありません。
DSCN7583.jpg

途中から尾根道がなくなり、県道525号線(旧三河湾スカイライン)を車やバイクに気をつけながら歩きます。
DSCN7588.jpg

地形図上の遠望峰山412mに入る場所を見落とし、幸田の町並みが見下ろせる場所まで直接来ました。写真はクリックで拡大できます。
DSCF5006.jpg

ホテルの手前の階段を登り、急坂を上がっていくと遠望峰山のプレートがある場所に出ます。
DSCN7613.jpg

こちらのプレートは分解してしまっています。かつてここには山頂レジャー施設があったので、廃墟感が漂う場所になっていました。
DSCN7614.jpg

三河湾を展望できる場所に来ました。写真はクリックで拡大できます。
DSCF5011.jpg

西浦半島と渥美半島。
DSCN7627.jpg

がさがさと音がするので、何かと思ったら野犬が何匹がいるようです。難を逃れるためにさっさと退散します。
遠望峰山から見た幸田方面。この斜面はかつて人口スキー場として使用していた名残のようです。秋の空です。
DSCN7644.jpg

幸田へ降りる途中の林道沿いの展望台から眺め。
DSCN7657.jpg

幸田健康の道にもなっている林道を延々と下って行きます。
DSCN7659.jpg

幸田町荻交差点からみた遠望峰山。
DSCN7704.jpg

無事JR幸田駅に到着。
DSCN7707.jpg
途中寄り道が多かったのか、大休止をしなかったけど桑谷バス停から5時間強の散策になりました。

2012年10月13日撮影。







[ 2012/10/14 06:36 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(6)

三ヶ根駅から東幡豆駅へ

熱くなる前に低山ハイクに行きました。
目的地は、前々から行きたかった三ヶ根山。

JR東海道本線三ヶ根駅で下車します。
IMG_1300.jpg

駅の名所案内にも三ヶ根山とありますが、ハイキングで行く人は事前にルート等の下調べは必須です。

私は、市町境登山口から登り始めました。
IMG_1305.jpg

市境尾根沿いに何度かアップダウンを繰り返してロープウエイ駅跡に着きます。ここからは蒲郡方面を眺めることが出来ます。
IMG_1315.jpg

私も名古屋に住んでいた小学生時代、バス遠足で三ヶ根山に行った記憶があります…

三ヶ根山、尾根全体を三ヶ根山と呼ぶようです。至るところで三河湾の展望があります。写真はクリックで拡大できます。
DSCF4090.jpg

この先は、はず夢ウォーク里山と展望の三ヶ根コースに沿って名鉄東幡豆駅を目指します。ずっと舗装道路歩きです。
有料の三ヶ根山スカイライン、車道は歩行禁止ですが、脇に歩道がありそこを歩きます。
IMG_1378.jpg

料金所からさらにおよそ1時間舗装道路を歩き山を降りて海辺の東幡豆駅に到着しました。
IMG_1424.jpg

適度に寄り道しながら歩いたのでJR三ヶ根駅を出てから5時間弱かかりました。

2012年5月19日撮影。

 
[ 2012/05/20 04:22 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(2)

田原市尾村山

田原市赤羽根町にある尾村山(通称東山)、2年ぶりに行ってきました。

山麓から見た尾村山はこちらの記事で。

山頂の東屋の隅に三角点があります。
DSCF2836.jpg

二等三角点赤羽根村。189.3m。
DSCF2831.jpg

展望台からは南側は180度遠州灘の景色が広がっています。クリックで拡大できます。
DSCF2847.jpg

前日に行った蔵王山方面。
DSCF2804.jpg

眼下に広がる赤羽根の市街地。
DSCF2839.jpg

渥美火力発電所と三河湾の島々も遠くに見ることが出来ます。
DSCF2841.jpg

ずっと続く遠州灘ぞいの海岸段丘。
DSCF2844.jpg

サンテパルクたはらのある、芦ヶ池。
DSCF2855.jpg

2012年3月25日撮影。


[ 2012/04/10 05:05 ] 低山ハイク | TB(0) | CM(0)