スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスパルスドリームプラザから清水駅へ

まだ日没まで時間が少しあるので清水港近くにあるエスパルスドリームプラザ界隈で途中下車しました。

IMG_8391.jpg

▼観覧車の向こうに富士山が見えます
IMG_8392.jpg

▼清水駅までの無料送迎バス
IMG_8393.jpg

ぶらぶらと歩きながらJR清水駅に向います。

▼3時間ほど前に下車した新清水駅(黒いのはCCD素子の汚れです…)
R0025308.jpg

▼JR沿いの商店街(黒いのはCCD素子の汚れです…)
R0025315.jpg

▼清水駅前銀座を通って駅に向かいます
R0025317.jpg

▼駅に近づくと賑やかになってきます
R0025323.jpg

▼駅の方から商店街を撮りました
R0025325.jpg

▼JR清水駅前、17時すぎですが真っ暗になりました
R0025326.jpg

▼清水駅から3時間弱かけて一路西へ家路をたどりました
R0025329.jpg

2011年12月17日撮影。静岡日帰り旅行の記事はこれでおしまいです。



スポンサーサイト
[ 2011/12/31 04:45 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

次は新清水駅から歩き始めました(その5) 火の見櫓をめぐる散策…

次の火の見櫓を目指して歩いている途中で、お寺の境内にある火の見櫓がありました。

▼海長寺境内に建つ火の見櫓
IMG_8366.jpg

▼アップ
IMG_8364.jpg

▼目的地の宮加三の火の見櫓
IMG_8372.jpg

▼アップで見ると発錆が目立ちます…
IMG_8373.jpg

火の見櫓ウォッチングは完了して海(湾)沿いの道に出ます。

▼国鉄清水港線廃線跡は自転車・歩行者専用道路になっていました
IMG_8379.jpg

▼富士山ビューポイントの看板
IMG_8381.jpg

▼見晴橋付近から見た富士山
IMG_8380.jpg

▼旧三保駅3キロの看板
IMG_8382.jpg

▼薄型のしずてつジャストラインのバス停
IMG_8387.jpg

▼バス接近表示
IMG_8388.jpg

▼バスに乗って清水市街地に戻ります
IMG_8389.jpg

2011年12月17日撮影



[ 2011/12/29 20:58 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

次は新清水駅から歩き始めました(その4) 鉄舟寺前の火の見櫓

静岡市清水区で地味な散策をしています。

次は鉄舟寺界隈に火の見櫓があるとの情報を基に歩きます。

▼次郎長通り商店街に続く道沿いにあったお店、これも看板建築なのでしょうか?
IMG_8344.jpg

▼またまた郵便局を歩いた場所の記憶用として撮影
IMG_8345.jpg

▼清水市河川と記されたマンホール
IMG_8347.jpg

▼鉄舟寺の前に建つ火の見櫓
IMG_8348.jpg

▼ホースが干してありました
IMG_8350.jpg

▼背籠がついた梯子のある火の見櫓
IMG_8354.jpg

▼お寺の石段に上がって眺めようと思いましたが、ここより有料の看板があったので次の目的地に向います
IMG_8353.jpg

▼龍華寺、この境内からは眺めもよさそうですが、そろそろ夕暮れの時刻が近づいてきたので山門前で合掌して通過します
IMG_8356.jpg

▼富士山を望むことが出来ました
IMG_8357.jpg

▼少し坂を降りたところでもバス停と富士山
IMG_8360.jpg

▼最近、橋の親柱にも関心があります、その名もズバリの橋の名前でした
IMG_8362.jpg

2011年12月17日撮影


[ 2011/12/29 04:32 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

次は新清水駅から歩き始めました(その3) 次郎長通り商店街

冬の土曜日の午後、静岡市清水区を歩いています。
日没時刻が早い時季なので先を急ぎます。

▼次郎長通り商店街入口、この商店街を歩いていきます
IMG_8324.jpg

▼狭い歩道部分だけにアーケードがある通りです
IMG_8325.jpg

▼商店街脇には魅惑的な路地もあります
IMG_8326.jpg

▼商店街のシンボルマークはこれですね
IMG_8328.jpg

▼清水次郎長生家
IMG_8331.jpg

▼歩道のアーケードがなくなった辺りから今まで歩いてきた通りを振り返りました
IMG_8334.jpg

▼通り脇にあった赤い鳥居、美濃輪稲荷神社の鳥居です
IMG_8335.jpg

▼通り沿いの小さな神社の境内に火の見櫓?もありました
IMG_8337.jpg

▼再度、巴川沿いに出ると、常念川水門がそびえていました
IMG_8338.jpg

▼巴川の河口方向
IMG_8339.jpg

▼巴川の上流方向、かつてはこのあたりは海だったのでしょう
IMG_8343.jpg

2011年12月17日撮影。

地味な散策はもう少し続きます。




[ 2011/12/28 05:39 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

次は新清水駅から歩き始めました(その2)

巴川沿いを下流方向に歩きます。

▼上流に向って見た巴川
IMG_8311.jpg

▼対岸に神社がありました。後から調べてみたら八雲神社です
IMG_8312.jpg

▼万世橋、昭和のものです。
IMG_8314.jpgIMG_8313.jpg

▼万世橋の様子。
IMG_8315.jpg

▼下流から見るとあたりに高層マンションがぽつぽつ建っているのがわかります
IMG_8317.jpg

▼巴川沿いにある、その名も水神社
IMG_8319.jpg

▼その近くにあった、足を止めたお宅、昔は医院だったのかな
IMG_8320.jpg

▼富士見橋、かつてはこの橋の上から富士山が見えたのでしょう。今では建物で見ることが出来なくなったようです。
IMG_8321.jpg

富士見橋から巴川の西側を歩きます。
最近歩いている途中に郵便局を見つけると必ず写真を撮っています。後からでも歩いた場所を調べることが出来ます。
▼清水本町郵便局
IMG_8322.jpg

2011年12月17日撮影。
[ 2011/12/27 22:03 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

次は新清水駅から歩き始めました

静岡市への小旅行記事の続きです。

狐ヶ崎駅から静岡鉄道に乗り新清水駅で下車。ここは終点になるのでゼロキロポストはありません。

▼最終電車の時刻が大きく掲示された駅構内。
IMG_8303.jpg

▼静鉄新清水駅。
IMG_8304.jpg

▼巴川沿いを歩きます。黄色の午後の紅茶ラッピング電車がやってきました。
IMG_8306.jpg

▼川沿いの道の高さ制限。
IMG_8307.jpg

▼川沿いには飲み屋さんが並んでいます。
IMG_8309.jpg

▼先ほどのラッピング電車折り返してきました。
IMG_8310.jpg

こうして静岡市清水区の街歩き、スタートです。

2011年12月17日撮影。


[ 2011/12/27 05:11 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

119系もそろそろ乗り納め…

先日、静岡に行ったとき浜松に大量に119系が留置されていました。

もしやと思って調べると11月下旬から213系5000番代や313系3000番代への置き換えが開始されたのこと。
かつて飯田線沿線に在所等があったので、いつも鉄道で帰省するので119系は思い出深い車両です。

ここ2年程、大晦日に両親の墓参りに行っているのですが、今年からは大晦日も仕事になりました。ということで年内最後の休日、早めの昼を食べてから出かけました。

運良く119系に乗ることが出来ました。

▼新城駅で119系同士の行き違い、こういう光景を見ることが出来るのも残り僅かのようです…
IMG_8722.jpg

▼119系のボックスシート。313系3000番代もボックスシートですが119系は国鉄時代を思い出します。
IMG_8724.jpg

▼119系の車内。
IMG_8780.jpg
この車内は1枚目の写真の編成ではなく、この日に別途乗車したE5編成です。E16編成の車内には扇風機はありませんでした。

2011年12月25日撮影。

[ 2011/12/26 00:01 ] 鉄道 | TB(0) | CM(8)

草薙駅から火の見櫓を訪ねて散策(その3)

次の目的地に向って清水方面に歩きます。

▼道端に下の方が埋もれてしまった道標がありました。久能寺観音道と記されています。
IMG_8285.jpg
久能山に行く道かと思いましたが、帰ってから調べてみると久能寺は今の鉄舟寺のことで、江戸時代の道標とのことを知りました。

▼平川地の集落の中にある火の見櫓。
IMG_8286.jpg

▼神社の境内に建っています。
IMG_8288.jpg

▼消防信号の表示看板もありました。
IMG_8290.jpg

▼下から見上げてみました。
IMG_8291.jpg

静岡鉄道狐ヶ崎駅に向います。
▼まわりの街並みから浮いた感じがする新しい駅舎。
IMG_8284.jpg

▼駅前通り。
IMG_8297.jpg

▼切り通しの中に駅があります。
IMG_8294.jpg

▼駅の清水寄りの橋、実は、水路橋と道路橋の二層構造になっています。
IMG_8298.jpg

▼谷津沢川水路橋の説明板。クリックで拡大できます。
IMG_8295.jpg

▼狐ヶ崎駅の横を東海道線の電車が通過していきます。
IMG_8301.jpg

ゆっくり歩かないと気付かないものを見つけた散策になりました。
狐ヶ崎駅から電車に乗り、新清水駅に向います。

2011年12月17日撮影。
[ 2011/12/25 10:29 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

草薙駅から火の見櫓を訪ねて散策(その2)

火の見櫓を訪ねた散策を続けます。

2万5千分の1の地形図に凡その目的地を記載して歩いています。

▼東海道線の踏切でやってきた普通電車をパチリ。
IMG_8264.jpg

▼懐かしさを感じるお店やさん。
IMG_8266.jpg

▼歩行者・自転車専用の静岡鉄道の踏切。
IMG_8270.jpg

▼旧東海道沿いの上原の火の見櫓。
IMG_8273.jpg

▼街道歩きの方々のサイトでもこの上原子安地蔵尊は紹介されています。ゴミの収集場所にもなっていて地域の要所のようです。
IMG_8275.jpg

▼途中に踊り場のある火の見櫓です。
IMG_8276.jpg

▼青空に映える火の見櫓。
IMG_8278.jpg

▼もう少し清水方向に歩くと奇妙なモニュメントがありました。
IMG_8280.jpg

▼旧上原跨線橋の橋脚とのことで説明板がありました。クリックで拡大できます。
IMG_8281.jpg

▼古いレールも保管・展示されています。
IMG_8282.jpg

時間を気にせず、マイペースでの散策を続けます。

2011年12月17日撮影。

[ 2011/12/25 04:46 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

草薙駅から火の見櫓を訪ねて散策

最近、こういう地味な旅をしています。
火の見櫓、ひっそりと撤去されつつある存在です。

この日の小旅行の目的のひとつは、静岡市清水区には火の見櫓が残っているようなので、それを眺めながら街歩きをしようというものです。

▼東海道線草薙駅。
IMG_8250.jpg

▼旧清水市のマンホールの蓋、描かれている花は旧清水市の市の花、霧島ツツジです。
IMG_8252.jpg

▼清水区中之郷、火の見櫓は撤去されて新しい防災スピーカが建っていました…
IMG_8253.jpg

▼清水区草薙の新しい消防団詰め所。
IMG_8255.jpg

▼半鐘もあります。
IMG_8256.jpg

▼草薙神社の大きな鳥居。神社はここからさらに1キロ以上あります。草薙神社を経て日本平に至る道が東海自然歩道バイパスコースになっているようです。歩く準備をして訪れたい場所です。
IMG_8257.jpg

▼清水区楠新田、電柱のような火の見櫓があります。
IMG_8261.jpg

▼スピーカ柱と並んで建っています。
IMG_8262.jpg

こういう目的がなければ訪れることのなかった場所、歩いていくといろいろな発見があります。
この途中で富士山の写真も撮りました。

2011年12月17日撮影。



[ 2011/12/24 04:26 ] 風景 | TB(0) | CM(6)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。