スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西尾駅から自転車で海を見に行くその1 吉良の町へ

平日の午後、休みを取り自転車散歩をしました。
自転車は駅からの通勤に使っているアルベルトです。
テーマを2つ考えたのですが、風等の影響も考え、海を見に行くコースを選択しました。
まず、市内で金沢カレーを食べて腹ごしらえして出発しました。

県道317号線を進み、矢作古川を渡ると旧吉良町に入ります。
DSCF1952.jpg

橋の字が気になります(クリックで拡大できます)。写真は橋を渡ってきて振り返って撮りました。ここで、会社の携帯が鳴り…
DSCF1953.jpg

気を取り直して進みます。
旧吉良町のマンホールの蓋。
DSCF1954.jpg

名鉄西尾線の踏み切り、赤い電車が通過していきます。
DSCF1955.jpg

小学校、門柱の表示も愛知県西尾市立に更新されています。
DSCF1956.jpg

立派な耕地整理碑の横を名鉄電車が通過していきます。
DSCF1957.jpg

ユニークなモニュメントがありました。
DSCF1958.jpg


吉良町にはお寺や旧邸宅の見所がたくさんあるのですが、自転車にやさしくない路肩を車に注意しながらまず最初の目的地に向かいます。

2012年2月28日撮影。
スポンサーサイト
[ 2012/02/29 05:35 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

東岡崎駅の北東界隈(2012年2月26日)

東岡崎駅の北東には名鉄の踏切を挟んで六所神社の境内があります。

朝、車窓から見ているとしばらく前から工事中なので様子を見てきました。
鳥居の向こうが名鉄の踏切です。
DSCF1937.jpg

Pの看板がある建物が駅南の駐車場です。
DSCF1938.jpg

クレーンが見えるのは駅です。
DSCF1939.jpg

東岡崎駅、昭和生まれの6000系はまだまだ健在です。
DSCF1942.jpg

次の2枚は2009年12月6日撮影のものです。
境内の中を走る名鉄電車。
IMG_0520.jpg

駅前通りにはこういうお店もありました。
IMG_0522.jpg



[ 2012/02/28 05:29 ] 風景 | TB(0) | CM(4)

岡崎公園の梅園(2012年2月26日)

今年は梅の開花が遅れているようです。

日曜日の午前中、立ち寄った岡崎公園の梅園。
IMG_9235.jpg

これで暖かい日が続けば一気に咲くのですが…
IMG_9233.jpg

IMG_9234.jpg

風の冷たい曇天の日曜日でした。
[ 2012/02/27 05:45 ] 自然 | TB(0) | CM(4)

岡ビル百貨店2012年2月

名鉄東岡崎駅の駅ビル、岡ビル百貨店。
岡崎に移り住んで13年、見慣れた建物ですが、そろそろ見納めの時期が近づいてきたようです。
1958年(昭和33年)建設。何となく懐かしさを感じるのはその頃あちこちの地方都市で建設された駅ビルと同じ雰囲気があるからなのでしょう。
DSCF1869.jpg

正面から。
DSCF1870.jpg

豊橋方面ホームから。
DSCF1872.jpg

2012年2月19日撮影。
[ 2012/02/26 17:51 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

勝鬘寺前横断歩道橋

最近、歩道橋の銘板探索も町歩きのテーマになりつつあります。

JR岡崎駅の南にある勝鬘寺。三河一向一揆の場所として有名です。
DSCF1721.jpg

境内に建っている石碑。
DSCF1727.jpg

その前に、小学校の通学用に歩道橋があります。その名も勝鬘寺前横断歩道橋。
DSCF1726.jpg

銘板によると1979年愛知県建設となっていました。下を通っているのは愛知県道43号線です。
DSCF1725.jpg

歩道橋から見た南側の景色。
DSCF1728.jpg


北側、JR岡崎駅方面の景色。
DSCF1730.jpg

東側には火の見櫓も建っています。
DSCF1729.jpg

2012年2月18日撮影。
[ 2012/02/25 20:34 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

夕暮れの京都をぶらぶら…

500円の市バス一日乗車券を買ったので、折角の京都、もう少しぶらぶらします。


夕暮れの出町柳付近の鴨川で大文字山を眺めました。
DSCF1659.jpg

出町商店街、ふたばは既に閉店の時刻。道路の反対側から見ると岡田商会のレトロな建物が見えました。
DSCF1662.jpg

河原町通りをバスで南下し御池界隈へ。
繊工場跡の石碑。
DSCF1664.jpg

夕暮れの御池通。
DSCF1667.jpg

DSCF1668.jpg

DSCF1669.jpg

新京極の賑わい。
DSCF1680.jpg

活気のあるアーケード街。
DSCF1685.jpg

何気なく鳥居がありました。
DSCF1689.jpg

錦市場。
DSCF1690.jpg

街角には昔ながらのお店屋さんが残っています。
DSCF1696.jpg

この医院の建物も昔ながらのもののようでした。
DSCF1698.jpg

2012年2月17日撮影。

名残惜しいけど今回の出張にあわせて立ち寄った京都小旅行は終わりです。
次はいつ、行くことが出来るかな。
[ 2012/02/25 08:48 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

七条堀川から北へ

京都で念願だったミニ火の見櫓を見ることができ、この日の目的は完了。でもまだ明るいのでもう少しぶらぶら歩くことにしました。
七条堀川の市バスバス停。ソーラパネル付。
DSCF1631.jpg

この道路も国道1号線です。市バスが走っていきます。右側が西本願寺。
DSCF1634.jpg

ひときわ目を引く大きな山門、西本願寺の総門です。
DSCF1635.jpg

その先に、これまた目を引く建物。西本願寺伝道院。
DSCF1638.jpg

総門を通して見た西本願寺。
DSCF1641.jpg

1号線沿いの町並み、旅館も並んでいます。
DSCF1644.jpg

2012年2月17日撮影。

[ 2012/02/25 05:03 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

七条堀川交差点近くの小さな火の見櫓

京都駅近くにある小さな火の見櫓、いつもお世話になっている、Whiteさんの記事で知りました。

京都で少し時間が出来たので実物を見に行きました。

七条堀川界隈、目的のものは写真左側にあります。JRバスも通る界隈です。
DSCF1625.jpg

半鐘台。
DSCF1627.jpg

2階部分に半鐘台があります。
DSCF1628.jpg

消火用バケツの配置もいいです!
DSCF1629.jpg

シャッター絵はありませんでした。
DSCF1630.jpg

2012年2月17日撮影。
[ 2012/02/23 01:51 ] 町並み | TB(0) | CM(8)

大津から浜大津へ3 びわ湖を眺めて浜大津駅へ

浜大津駅南側にある旧大津市公会堂。
DSCF1573.jpg

京津線の電車と旧大津市公会堂。
DSCF1574.jpg

大津港周辺、遠くに見えるのは大津京駅前の高層マンションと比叡山。
DSCF1575.jpg

湖岸道路。今は湖岸からかなり離れてしまいました。
DSCF1576.jpg

大津港には”うみこ”が停泊中。
DSCF1580.jpg

夕方この界隈を散策したことが懐かしい湖岸です。
DSCF1582.jpg

ホテルの敷地の一角に赤いポストがあるのに初めて気付きました。
DSCF1588.jpg

大津港滋賀県と記された救命浮き輪と停泊中の船。
DSCF1594.jpg

人間に慣れているようでなかなか逃げません、大津市の鳥ですね。
DSCF1597.jpg

琵琶湖大橋遠景。
DSCF1599.jpg

近江大橋遠景。
DSCF1611.jpg

予定の時刻が近づいて来たので湖岸の風景を目に焼き付けて駅に向かいます。
DSCF1604.jpg

京阪石山坂本線のラッピング電車。
DSCF1609.jpg

浜大津駅と標準塗装の京阪石山坂本線電車。
DSCF1608.jpg

2012年2月17日撮影。
このシリーズはこれで終わりです。



[ 2012/02/22 05:19 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

大津から浜大津へ2 看板が印象的な町並みを歩く

北西に方向を変えて浜大津駅方面に歩きます。

蔬菜の文字が印象的だった中央銀座の商店の看板。
DSCF1551.jpg

小学校の構内には明治天皇聖跡の碑がありました。
DSCF1553.jpg

昔ながらのお店がところどところにある場所です。
DSCF1557.jpg

大津城の石垣を模した石垣。
DSCF1560.jpg

登録有形文化財の歯医者さんの建物。
DSCF1561.jpg

路線バスが通過していきます。
DSCF1562.jpg

モダンな公衆浴場。
DSCF1563.jpg

国道161号線に出ました。道の真ん中を京阪電車が通過してきました。
DSCF1567.jpg

電車が通る道沿いのお店。看板が印象的です。
DSCF1565.jpg

DSCF1568.jpg

2012年2月17日撮影。




[ 2012/02/21 05:28 ] 町並み | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。