スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

羽衣駅から浜寺公園駅へ

南海羽衣駅から次の目的地浜寺公園駅に行きます。
ちょうど15分毎の普通電車が行ったばかりなので、ぶらっとひと駅歩くことにしました。

高石市のカラーマンホールの蓋。羽衣が描かれています。
DSCN2439.jpg

羽衣駅西側の羽衣商栄会。
DSCN2440.jpg

大阪県道204号線。英語表示の県道標識を初めて見ました。
DSCN2441.jpg

高石市から堺市に入ります。
DSCN2442.jpg

ちょっと古めかしい地名等の表示標識。
DSCN2446.jpg

東に曲がると、新しい汽車の踏切標識(大阪府設置)がありました。
でもこの先の線路が高架化されると御用済みになってしまうのでしょうね…
DSCN2447.jpg

汽車ではなく南海電車が走っています。踏切標識と電車とのツーショットは、距離と交通量から断念しました。
DSCN2450.jpg

踏み切りの北側は駅があります。
DSCN2451.jpg

線路の西側の道を歩きます。
DSCN2452.jpg

南海浜寺公園の駅舎が見えてきました。
でも、この角度から見ると、廃止になってしまった駅のように見えてしまいます。
DSCN2453.jpg

2012年7月22日撮影。


スポンサーサイト
[ 2012/07/31 05:47 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

東羽衣へ

青春18きっぷの旅の続きです。

鳳駅から羽衣線に乗って東羽衣駅へ行きました。鳳方面の高架線。
DSCN2414.jpg

線路と高架線はここで途切れています。
DSCN2418.jpg

レールにはオーバーランを防止する器具?が取り付けられています。
DSCN2419.jpg

駅名標。
DSCN2417.jpg

駅の入り口。
DSCN2420.jpg

羽衣線の高架沿いのスーパー。
DSCN2423.jpg

時計のモニュメント、針がなくなっているようです…
DSCN2426.jpg

羽衣商店街の看板。
DSCN2429.jpg

南海羽衣駅。
DSCN2427.jpg

南海は高架工事中。
DSCN2431.jpg

DSCN2433.jpg

2012年7月21日撮影。
[ 2012/07/30 05:52 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

道路元標とイベント

この週末、遠出は出来なかったけど、近場の散策を楽しむことが出来ました。

土曜日、刈谷町道路元標と万燈祭り。
DSCN2614.jpg

日曜日、一宮市道路元標と一宮七夕祭り。
DSCN2859.jpg
[ 2012/07/29 21:41 ] 今日の1枚 | TB(0) | CM(0)

刈谷万燈祭を見てきました

所用があり会社に行った土曜日、帰りにちょっと寄り道して刈谷に行き、万燈祭を見てきました。

‘万燈’(まんど)は、重さ約60キロの竹と和紙で作られた張子人形のことだそうです。

笛や太鼓のお囃子に合わせた万燈の舞い。
DSCN2609.jpg

DSCN2610.jpg

DSCN2634.jpg

DSCN2640.jpg

万燈に明かりが灯るとより鮮やかに。
DSCN2660.jpg

DSCN2673.jpg

DSCN2699.jpg

舞の後は、しばし道端で万燈の展示。明かりが灯り美しい。
DSCN2721.jpg

DSCN2722.jpg

DSCN2725.jpg

DSCN2752.jpg

一斉舞いが始まりますが、会場を後にしました。

下調べなしにぶらっと立ち寄ったのですが、いい雰囲気のお祭りでした。
準備&参加されている皆さん、猛暑の中、本当にお疲れさまです。

2012年7月28日撮影。
[ 2012/07/29 06:54 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

天王寺で乗り換えて鳳へ

郡山駅からから大和路快速で天王寺駅へ。

久しぶりに阪和線の行き止まりホームに来ました。
DSCN2393.jpg

駅名標も行き止まりの表示。
DSCN2389.jpg

広々とした降車専用ホーム。
DSCN2392.jpg

225系の区間快速に乗ります。
DSCN2388.jpg

降り立ったのは鳳駅。駅前には丹波屋さんがありました。
DSCN2397.jpg

ちょっとだけ駅の東側を観察。
アーケード。
DSCN2398.jpg

踏切。
DSCN2400.jpg

青色の103系電車が到着。
DSCN2402.jpg

駅の外からも駅の中の様子を眺めることが出来ます。
DSCN2403.jpg

駅の西の外れから発車する羽衣線。
DSCN2394.jpg

ここでも青色の103系が活躍しています。
DSCN2407.jpg

羽衣線(正式には阪和線の支線)のゼロキロポスト。
DSCN2413.jpg

2012年7月21日撮影。


[ 2012/07/28 20:43 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

近鉄郡山からJR郡山へ

天理駅から近鉄に乗って降りたのは郡山駅。
DSCN2369.jpg

駅前にはタウンアーチがあります。
DSCN2371.jpg

駅前商店街を東に向かって歩きます。
旧郡山小学校跡門柱。
DSCN2372.jpg

柳町商店街のタウンアーチ。
DSCN2373.jpg

大和郡山市のカラー版マンホールの蓋。
DSCN2375.jpg

魅力的な町並みが続きますが、遠くで雷鳴がし、まもなく雨が降り出しそうなのでちょっと急ぎ足で進みます。
DSCN2377.jpg

DSCN2378.jpg

DSCN2379.jpg

DSCN2380.jpg

DSCN2381.jpg

DSCN2382.jpg

JR郡山駅に到着。
DSCN2386.jpg

駅に着くと雨が降り出しました。
雨の中、やってきた大和路快速で次の目的地に向かいます。
DSCN2387.jpg

2012年7月21日撮影。
[ 2012/07/28 04:12 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

天理駅でJRから近鉄に乗換

青春18きっぷの旅ですが、気分転換に私鉄にも少し乗ります。

櫟本から再び電車に乗り次の天理駅で下車。
広いホーム、宗教文化都市天理市の玄関口です。
DSCN2352.jpg


駅前にも天理教関係の建物があります。
DSCN2354.jpg

天理駅。
DSCN2357.jpg

DSCN2355.jpg

駅前。
DSCN2358.jpg

近鉄ホーム。ソラリー式表示機健在。
DSCN2359.jpg

近鉄の駅も広々としています。
DSCN2361.jpg

2012年7月21日撮影。
[ 2012/07/27 02:13 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

櫟本駅へ

帯解駅から再び電車に乗って次の櫟本駅へ向かいます。

万葉の四季彩号がやってきました。
DSCN2309.jpg

DSCN2310.jpg

2枚目の写真のクモハ105-515の改造履歴、昭和45年に製造され、関東地方で走っていた車両を改造し、中国地方そして関西にやってきた車両です。
DSCN2312.jpg

櫟本駅、難しい字ですね。
DSCN2318.jpg

駅舎。
DSCN2325.jpg

外観はきれいに改装していますが、年代もののようです。
DSCN2344.jpg

駅前広場、タウンアーチもあります。
DSCN2329.jpg

タウンアーチ越しに眺めた駅舎。
DSCN2342.jpg

駅の奈良寄りにある線路の下を通る道路。
DSCN2331.jpg

この駅の跨線橋、存在感があります。
DSCN2319.jpg

DSCN2321.jpg

DSCN2323.jpg

風情はありますが、階段が苦手な人には利用しにくい駅です…

2012年7月21日撮影。



[ 2012/07/26 05:43 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

帯解駅で途中下車

京終駅から普通電車に乗ります。次の帯解駅で反対電車を待ちますとのアナウンスがあり、途中下車しました。

跨線橋から乗ってきたラッピング電車を撮影。
DSCN2271.jpg

反対電車もラッピング電車。
DSCN2274.jpg

こちらは車両ごとの色が異なります。
DSCN2277.jpg

帯解駅、駅舎。
DSCN2284.jpg

駅舎の中はがらんとしています。
DSCN2307.jpg

こじんまりしたホームの待合所。
DSCN2301.jpg

駅へ向かう道から見た跨線橋。
DSCN2298.jpg

次の電車までの時間に駅付近を歩きます。
DSCN2286.jpg

色あせたシャープの家電製品の看板。シャープの工場が多いこの地域ならではかな。
DSCN2289.jpg

街道交差点角のお店。
DSCN2290.jpg

旧上街道沿いに帯解寺があります。
DSCN2292.jpg

ゆっくり歩いてみたい道です。
DSCN2295.jpg

駅に戻り、次の目的地に向かいます。

2012年7月21日撮影。





[ 2012/07/25 05:30 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

最初の目的地、京終駅

JR奈良駅から、市内をぶらり歩いて、京終駅に着きました。

広い構内を持つ駅です。
DSCN2246.jpg

駅前の通。名前の如く、町外れにある駅です。
DSCN2249.jpg

DSCN2251.jpg

駅舎。
DSCN2250.jpg

駅前広場はポールでガードされています。
DSCN2252.jpg

駅の入り口はきれいに手入れされています。
DSCN2254.jpg

駅舎の中はがらんとしていますが、中央にゴミ箱や自動販売機等が置かれています。
DSCN2256.jpg

なぜか懐かしさを感じる手洗所。反対側ホームへは地下道で行きます。
DSCN2257.jpg

駅の桜井寄りはかつての貨物ヤードへの分岐が残っています。
DSCN2262.jpg

この場所は、今でも保線基地等で活用されているようです。
DSCN2264.jpg

木の長椅子のあるホーム。
DSCN2266.jpg

桜井行電車に乗り、次の目的地に向かいます。
DSCN2267.jpg

2012年7月21日撮影。
[ 2012/07/24 05:39 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。