スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

養老鉄道の旅(その3) 石津の町を少し歩く

多度駅から2つ目の石津駅で途中下車。
両隣の駅名の美濃が示すとおり、岐阜県に入りました。
DSCN5641.jpg

この駅で途中下車のは駅付近の伊勢街道沿いの集落をぶらっと歩くためです。
街道沿いの町並み。
DSCN5610.jpg

DSCN5616.jpg

赤い鳥居の隣のちょっと気になる建物。
DSCN5615.jpg

DSCN5617.jpg

白と黒のコントラストが美しい蔵。
DSCN5618.jpg

揖斐川の堤防に上がってみました。
養老の山並み。
DSCN5622.jpg

海津橋。あの橋まで行きたかったけど今回は電車の時間でパス。レンタサイクルで回るのいいかも。最近ちょっと自転車散歩にも関心があります。
DSCN5621.jpg

揖斐川の下流方面。
DSCN5623.jpg

再び旧街道を歩きます。
DSCN5627.jpg

登山口のみちしるべ。養老の山並みのハイキングも行ってみたい。
DSCN5628.jpg

電柱を利用した火の見櫓?半鐘もあるようです。DSCN5635.jpg

養老の山並みをバックにした町並み。
DSCN5629.jpg

石津駅前通り。
DSCN5632.jpg

石津駅駅舎。
DSCN5633.jpg

無人駅ですが改札口があります。
DSCN5637.jpg

再び電車に乗って次の目的地に向かいます。キロポストは大垣駅起点の距離です。
DSCN5644.jpg

2012年9月15日撮影。
スポンサーサイト
[ 2012/09/30 21:55 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

養老鉄道の旅(その2) 多度の町を少し歩く

まず、多度駅で下車。
しかし外は雨…
DSCN5543.jpg

雨にもマケズ、折り畳み傘を出して歩き始めます。
DSCN5548.jpg

このコースは、いつもお世話になっているA112さんの記事も参考にさせていただきました。
雲の切れ間が見えてきました。火の見櫓、健在です。
DSCN5549.jpg

かなり手前にある多度神社の社号標。でもその隣に倒れている人形も気になります…
DSCN5550.jpg

旧街道の風情の残る通り、この火の見櫓も健在です。
DSCN5557.jpg

朝早いのでお店も開店前。
DSCN5560.jpg

適度にカーブした道が旧道らしい雰囲気を残しています。
DSCN5562.jpg

食料品店かな。
DSCN5566.jpg

多度神社前の消防詰め所と火の見櫓。
DSCN5570.jpg

DSCN5577.jpg

DSCN5572.jpg

ここには津市元標も建っています。同じ三重県四日市市富田でも見かけた(→○●)県都からの元標です。
DSCN5573.jpg

車で来る人は、多度駅から歩いてきた参道は通らずに、西側から来るようです。
DSCN5583.jpg

門前町のお店屋さんも開店準備中。
DSCN5585.jpg

一揖して駅に戻ります。

旧多度町のマンホールの蓋(カラー版)、今は桑名市になりました。
DSCN5584.jpg

再び雨が降り出しました。
多度駅前の通り。大きな鳥居も建っています。
DSCN5594.jpg

雨の中、電車に乗ります。
DSCN5602.jpg

2012年9月15日撮影。
[ 2012/09/30 08:15 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

自転車で矢勝川の彼岸花を見に行きました

通勤用自転車で、矢勝川の彼岸花を見に行きました。
ここに行くのは3年ぶりです。前回の訪問記事(→○●

自転車を置いている西尾駅から出発します。
DSCN6508.jpg

棚尾橋で矢作川を越えて碧南市へ入ります。
DSCN6513.jpg

今回の楽しみの一つ、衣浦トンネルを自転車で通ります。
実は、子どものころ、この近辺に住んでいる従兄弟と自転車で通過した記憶がある場所です。
DSCN6525.jpg

トンネルを通過する前に碧南市側から衣浦湾を見学。対岸が半田市でこの間を海底トンネルが結んでいます。
DSCN6529.jpg

衣浦海底トンネルの銘板(クリックで拡大できます)。
DSCN6539.jpg


階段で地下11階まで降ります。中はFM放送が流れているので1人でも孤独感はありません。
DSCN6542.jpg

歩行者・自転車用海底トンネル。全長480mです。
DSCN6541.jpg

DSCN6544.jpg


半田市を寄り道しながらぶらぶら行き、目的地の矢勝川に到着。半田市と阿久比町の境にもなっているようです。
DSCN6607.jpg

DSCN6604.jpg

矢勝川の彼岸花、見頃には少し早いようでしたが、多くの人で賑わっていました。JRのさわやかウォーキングも開催されていました。
DSCN6596.jpg

DSCN6599.jpg

DSCN6602.jpg

帰路はちょっと寄り道しながら、衣浦大橋へ。
DSCN6639.jpg

このあたりも湾のようです。
DSCN6640.jpg

橋を渡ると高浜市になります。
DSCN6642.jpg

碧南市内のラーメン屋で昼食&小休止をして、上塚橋で矢作川を渡り西尾市に戻ってきました。
DSCN6666.jpg


2012年9月29日撮影。





[ 2012/09/29 23:58 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

養老鉄道の旅(その1) 雨の桑名駅からスタート

今回から、9月中旬に行った養老鉄道の旅をアップします。

出発は雨が降り出した桑名駅西口。実はこの出口、過去のある出来事を今頃思い出しました…
DSCN5530.jpg

改札口。
DSCN5532.jpg

ホームの中央に頑丈な柵があるホーム。
DSCN5533.jpg

柵の両側には同じ仕様のパタパタ式行き先表示機。育ちが同じだったことを伝えています。
DSCN5535.jpg

それでも厳格に分離されています…
DSCN5538.jpg

終着駅の駅名標。
DSCN5536.jpg

養老鉄道の電車。
DSCN5537.jpg

DSCN5540.jpg

雨の中のスタートになりました。
DSCN5541.jpg

2012年9月15日撮影。


[ 2012/09/28 21:44 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

変わり行く名古屋駅前

枇杷島から名古屋駅へ。車窓から旧名古屋中央湯便局の建物が目に留まったので見に行きました。
実はかつてこの建物内にあった鉄道郵便局で短期のアルバイトをしたことがあります。

DSCN5511.jpg

DSCN5512.jpg

DSCN5513.jpg
昭和31年に建築された建物、10月から解体作業に入り、跡地には高層ビルが建つそうです。

こちらは有名な大名古屋ビルヂング。
DSCN5526.jpg

屋上にはビアガーデンがあります。”名”と”古”の字の間に名古屋城が写っています。
DSCN5528.jpg

このビルも建替えられるので、このビアガーデンも最後の夏になったようです。私も行ったことがあります…

2012年9月9日撮影。
[ 2012/09/27 21:36 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

JR枇杷島駅へ

美濃路から路地へ入ります。

黒壁の間の路地を進みます。
DSCN5467.jpg

石積みのある路地。
DSCN5469.jpg

庄内川の堤防から見た町並み。銭湯の煙突が目立ちます。
DSCN5473.jpg

高い秋の空。
DSCN5477.jpg

名古屋駅前の高層ビル群。
DSCN5478.jpg

ガスタンク。
DSCN5480.jpg

河川再生工事で整備された水防センター。
DSCN5481.jpg

再び町に入ります。
先ほど見た火の見櫓。
DSCN5482.jpg

2つの火の見櫓?新たにホース乾燥塔が設置されています。
DSCN5486.jpg

私設の掛箱型郵便ポスト。
DSCN5491.jpg

新幹線の高架、先頭が電柱に被ってしまった…
DSCN5493.jpg

JR枇杷島駅(東側)。
DSCN5497.jpg

東海道線の普通電車。
DSCN5496.jpg

次の電車までしばし鉄道ウォッチング。
特急しらさぎ号。北陸時代を思い出します(当時は485系でした)。
DSCN5500.jpg

貨物列車の本数も多いです。
DSCN5502.jpg

セメント工場と火力発電所を結ぶフライアッシュ専用列車。
DSCN5503.jpg

早くも日が西に傾いてきました。
DSCN5504.jpg

2012年9月9日撮影。


[ 2012/09/27 05:12 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

枇杷島分岐点を見てにしびの美濃路を歩く

枇杷島橋の袂にある橋詰神社。
DSCN5423.jpg

その少し東に、古い石標が残っており、ポケットパークになっています。
DSCN5424.jpg

ここまで来たので、名鉄の枇杷島分岐点を見学して行きます。
名古屋本線の電車。
DSCN5429.jpg

犬山線の電車。
DSCN5433.jpg

分岐点の方向の線路。
DSCN5437.jpg

反対側、庄内川の鉄橋です。
DSCN5438.jpg

つぎはにしびの町を西に歩いて行きます。西枇杷島を略して”にしび”と呼ぶようです。
名鉄西枇杷島駅近くの1階が商店街だったビル。
DSCN5439.jpg

JRの下を通り抜ける道路。
DSCN5440.jpg

新幹線の高架下から見た美濃路。
DSCN5442.jpg

少し曲がった道沿いの町並み。
DSCN5447.jpg

付近には火の見櫓もあります(これは名鉄二ツ杁駅近く)。
DSCN5452.jpg

3階建ての町家。
DSCN5456.jpg

ここにも屋根神さまがあります。
DSCN5458.jpg

銭湯、16時ごろですが、賑わい始めているようです。
DSCN5461.jpg

タウンアーチ、このあたりが旧西枇杷島町と旧新川町の境のようです。
DSCN5462.jpg

2012年9月9日撮影。



 
[ 2012/09/26 05:45 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

枇杷島橋を渡り清須市へ

ひっきりなしに行き交う名鉄電車。場所は東枇杷島駅の岐阜・犬山寄りです。この急カーブがライバルとの競争に不利な条件になっています…
DSCN5398.jpg

DSCN5402.jpg

庄内川の堤防沿いにあった、美濃路の新しい石標。最近街道歩きもブームですね。
DSCN5403.jpg

枇杷島橋を渡ります。
DSCN5410.jpg

名古屋市側は片側3車線の道路ですは、橋は片側1車線です。
DSCN5412.jpg

DSCN5411.jpg

DSCN5413.jpg

庄内川を渡る名鉄電車。
DSCN5415.jpg

橋を通っているのは県道ですが、橋の管理は名古屋市のようです。
DSCN5422.jpg

清須市に入ります。
DSCN5419.jpg

2012年9月9日撮影。


[ 2012/09/25 05:35 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

栄生駅から枇杷島村三角点へ

名鉄栄生駅から歩き始めます。

帽子のある郵便ポストがありました。
色々なポストも観察していますが、このタイプを見たのは初めてです。
DSCN5375.jpg

上更通を渡ります。ここでも歩道橋ウォチング。
DSCN5376.jpg

DSCN5377.jpg11969年名古屋市建造。昭和40年代に作られた歩道橋多いですね。

歩いているのは今年の7月に歩いた場所と同じエリアです。(→○●
上更通の北を並行して走る美濃路を歩くと、屋根神様のある家がありました。
DSCN5380.jpg

街道沿いにある八幡社。
DSCN5381.jpg

小学校沿いの道。目隠しがある部分はプールがあるようです。
DSCN5382.jpg

庄内川沿い、名鉄の線路の下を通ります。
DSCN5383.jpg

DSCN5385.jpg

DSCN5386.jpg

DSCN5387.jpg

振り返ってみました。
DSCN5389.jpg

堤防沿いに鎮守の森が見えてきました。
DSCN5390.jpg

堤防沿いにある枇杷島村二等三角点。
DSCN5391.jpg

DSCN5392.jpg

名古屋駅前の高層ビルも見える場所です。
DSCN5394.jpg

堤防沿いにある神明社。
DSCN5397.jpg

2012年9月9日撮影。





[ 2012/09/24 05:37 ] 町並み | TB(0) | CM(6)

電車に乗って両親の墓参りに行きました

昨日彼岸花を見て、今日は両親の墓参りに行こうと思い、行ってきました。
午後、天気は急速に回復、青空になりました。

帰り道、途中駅でちょと下車。
ホームの端にも彼岸花が咲いていました。
DSCN6492.jpg

18時近くなると一気に暗くなってきます。これからの季節、早目の行動が必要ですね。

2012年9月23日撮影.
[ 2012/09/23 20:39 ] 今日の1枚 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。