スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013年5月 飯田線沿線散策 22 水窪の町を歩く 中編

飯田線沿線、水窪の町歩きの続きです。
旧道(塩の道)沿いの商店街を北に向かいます。
DSCN9673.jpg

少し旧めの看板。
DSCN9674.jpg

治山工事で改善された水路。
DSCN9675_20130630101306.jpg

商店の多い街並みはまだまだ続いていますが、このあたりで南に向かいます。
DSCN9678.jpg

DSCN9680.jpg

坂を上ってきました。
DSCN9696.jpg

こういう看板もありました。
DSCN9695.jpg

坂を上って、町並みを眺めます。
DSCN9699.jpg

水窪駅が小さく見えます。
DSCN9698.jpg

塩の道と記された案内標識、その向こう町を一望できる場所がありました。
DSCN9700.jpg

水窪川沿いに広がる町。
DSCN9701.jpg

急な斜面の上のほうまで家があります。
DSCN9703.jpg

坂を下った先にも町が続いています。
DSCN9707.jpg

階段になっている塩の道をたどります。
DSCN9708.jpg

DSCN9712.jpg

2013年5月26日撮影。



スポンサーサイト
[ 2013/06/30 19:34 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

高速バスで福井に行きました

先月、久しぶりに高速バスで飯田に行き、高速バスの旅もいいなぁと再認識しました。

土曜日、日帰りで福井に行きました。
DSCN0821.jpg

名古屋から始発と最終のバスを使うと福井市の滞在時間は9時間。今回はえちぜん鉄道の旅を楽しんできました。
勝山駅。
DSCN1116.jpg

勝山市内の九頭竜川。
DSCN1037_20130630061622.jpg

三国港駅。
DSCN1169_20130630061628.jpg

九頭竜川の河口と日本海。
DSCN1193.jpg

2013年6月29日撮影。

[ 2013/06/30 06:22 ] さまよいの軌跡 | TB(0) | CM(6)

2013年5月 飯田線沿線散策 21 水窪の町を歩く 前編

飯田線水窪駅から水窪の町を歩きます。

駅前の水窪川にかかるつり橋。駅と市街地との連絡橋です。
DSCN9644_20130629035212.jpg

DSCN9646.jpg

橋を渡ります。
DSCN9648_20130629035221.jpg

振り返って駅の方向。
DSCN9649.jpg

水窪川。
DSCN9650_20130629035222.jpg

DSCN9651.jpg

橋を渡り終えました。振り返ると階段を上がったところに駅が見えます。
DSCN9657_20130629035254.jpg


日曜日の夕方、車の通りはほとんどありません。
DSCN9658.jpg

DSCN9659.jpg

時々足を止めながら、旧道に向かって進みます。
DSCN9662.jpg

DSCN9664_20130629035317.jpg

DSCN9666_20130629035319.jpg

DSCN9667_20130629035323.jpg

DSCN9668_20130629035325.jpg

旧道沿いの町並み。
DSCN9669_20130629035325.jpg

家やお店はたくさんあるのですが、走っている車と歩いている人がほとんどいません。日曜日の夕方なので皆、家の中にいるのでしょう。

2013年5月26日撮影。
[ 2013/06/29 04:03 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

2013年5月 飯田線沿線散策 20 水窪駅にて

平岡駅から特急伊那路に乗り水窪駅で下車。
DSCN9619.jpg

DSCN9623.jpg

踏切を渡り外に出ます。
DSCN9626.jpg

今では無人駅になっています。
DSCN9627.jpg

駅舎。
DSCN9629.jpg

DSCN9640_20130628044230.jpg

水窪の町は水窪川の対岸にあります。
DSCN9630.jpg

駅前にある新聞販売店。かつて飯田線が新聞輸送していたので駅前に立地しているのでしょう。
DSCN9632.jpg

DSCN9633_20130628044159.jpg

駐輪場。日曜だからかがらんとしています。
DSCN9634.jpg

DSCN9635.jpg

水窪駅前広場。
DSCN9637.jpg

高台にあるので町を眺めることが出来ます。
DSCN9636.jpg

DSCN9638.jpg

階段を降りて水窪の町歩きに出かけます。
DSCN9642.jpg

2013年5月26日撮影。
[ 2013/06/28 05:03 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

2013年5月 飯田線沿線散策 19 平岡駅滞在15分

小和田駅から乗った電車、平岡駅で下車します。
DSCN9614_20130627052746.jpg

DSCN9612.jpg

構内踏切を渡ります。
DSCN9613.jpg

駅はふれあいステーション龍泉閣の一角にあります。
DSCN9609.jpg

駅前の風景。
DSCN9582.jpg

天竜川の見える場所まで行って見ます。
DSCN9585.jpg

DSCN9586.jpg

駅前の通りを歩きます。
DSCN9594.jpg

DSCN9596.jpg

天竜川対岸の丘の上にも家があります。
DSCN9597.jpg

通り沿いにもう少し歩きます。
DSCN9599.jpg

この場所で折り返しました。
DSCN9602.jpg

駅前の建物。
DSCN9606_20130627052857.jpg

DSCN9608_20130627052857.jpg

今度は特急伊那路に乗ります。青空フリーパスは特急券を買うと在来線の特急に乗ることが出来ます。
DSCN9616_20130627052900.jpg

2013年5月26日撮影。
[ 2013/06/27 21:53 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

2013年5月 飯田線沿線散策 18 小和田駅滞在10分

秘境駅として有名になった小和田駅では滞在時間10分。駅前だけを見ることにします。

乗ってきた電車を見送ります。
DSCN9535.jpg

駅舎を抜けて駅前に出ます。
DSCN9538.jpg

DSCN9540.jpg

DSCN9541.jpg

昔のままの駅舎が残っています。
DSCN9543.jpg

駅前の道。
DSCN9559.jpg

道なりに進みます。
DSCN9547.jpg

今回はここで引き返します。
DSCN9550.jpg

駅へ向かう道。
DSCN9546.jpg

小和田駅は、以前は行き違い可能な駅でしたが、現在は線路が撤去されています。
DSCN9558.jpg

昔の駅名標が保存されています。
DSCN9566_20130626063235.jpg

現在の駅名標。
DSCN9567.jpg

駅は静岡県に所在しますが、三県の県境が近くにあります。
DSCN9570.jpg

ホームから見た天竜川。このあたりが三県の県境かもしれません。
DSCN9573.jpg

下り普通電車に乗り込み、小和田駅を後にします。
DSCN9580_20130626063251.jpg

2013年5月26日撮影。
[ 2013/06/27 04:17 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

2013年5月 飯田線沿線散策 17 天竜川沿いの車窓

鼎駅から豊橋行きの飯田線に乗り、天竜峡駅を過ぎると飯田線沿いに電車は走ります。
313系3000番台の窓越しに見た車窓をアップします。
DSCN9506.jpg

DSCN9507_20130626041148.jpg

DSCN9510.jpg

DSCN9511.jpg

DSCN9512.jpg

DSCN9514.jpg

DSCN9519.jpg

DSCN9525.jpg

DSCN9527_20130626041231.jpg

DSCN9533_20130626041233.jpg

長野県から静岡県に入った最初の小和田駅で下車します。
DSCN9534_20130626041247.jpg

2013年5月26日撮影。


[ 2013/06/26 04:18 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

2013年5月 飯田線沿線散策 16 鼎駅

飯田線沿線散策の続きです。
伊那八幡駅から下り普通電車に乗り鼎駅で下車。
DSCN9473.jpg

DSCN9469.jpg

交換設備のある駅でしたが、現在は片面のホームだけが使用されています。
DSCN9471.jpg

DSCN9474.jpg

改札口。現在は無人化されています。
DSCN9498.jpg

DSCN9497.jpg

この駅も開業当時の古い駅舎が残っています。
DSCN9476.jpg

DSCN9489.jpg

DSCN9488.jpg

わずかな時間ですが町を歩きました。
DSCN9478.jpg

前方は、午前中歩いた飯田市街地。
DSCN9480.jpg

火の見櫓もあります。
DSCN9481.jpg

丘の上の飯田市街地を眺めることが出来ます。
DSCN9490.jpg

上り豊橋行き普通電車に乗ります。
DSCN9499.jpg

2013年5月26日撮影。



[ 2013/06/25 03:13 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

2013年6月23日 名古屋市天白区から緑区散策

先週に引き続き、日曜の夕方、名古屋に行きました。
今回は名鉄神宮前から神宮11系統島田一ツ山行きに乗ります。61系統と言ったほうが個人的には馴染み深いです。
P1020537.jpg

島田一ツ山降車場は道路沿い(写っているバスは乗ってきたバスとは異なります)。
DSCN0603_20130624011950.jpg

乗り場はバス回転・待機場脇。
DSCN0608_20130624011953.jpg

30年以上ぶりの島田一ツ山訪問になりました。
一つ山荘内の公園からは名古屋市内の展望があります。
市大病院と名駅の高層ビル。
DSCN0622.jpg

中京テレビ塔から東山タワー方面。
DSCN0618_20130624011957.jpg

相生山団地の商店街。
DSCN0654_20130624011958.jpg

今回の目的地、ダイエー鳴子店、1972年開店。当時は近くに大型スーパが出来、地域の話題になりました。小学校6年生の時で、鳴子団地から自転車で行きました。途中はまだ造成中で泥だらけになった記憶があります。
しかし、ついに7月末をもって閉店になります。
DSCN0687.jpg

DSCN0691.jpg

たいていこの入口から入っていました。
DSCN0699_20130624012228.jpg

藤川。ダイエーが出来たころ、このあたりは何もなかったと記憶しています。
DSCN0714_20130624012230.jpg

鳴子団地へ行きます。この界隈も住民の退去が進んでいます。取り壊しも間近のようです。
DSCN0749.jpg

鳴子町バス停南側は更地になっていました。今年1月の訪問記事(→○●
DSCN0784_20130624012253.jpg

かつては神宮前と鳴海に行く名鉄バスがありましたが、今は鳴海行きのみ、それも日中は30分毎です。
DSCN0793_20130624012256.jpg

名鉄バスに乗ります。
DSCN0794.jpg

鳴海駅前。
DSCN0797.jpg

実は手前の神沢中学校行きのバスは乗ったことがないのです。終点まで乗ると270円かかります…

2013年6月23日撮影。
[ 2013/06/24 01:47 ] 町並み | TB(0) | CM(2)

2013年5月 飯田線沿線散策 15 飯田市八幡を歩く 後編

飯田市八幡の大通り、旧街道を歩いてきました。

旧遠州街道から角に郵便局のある大通り、そしてその先には飯田線伊那八幡駅が少しだけ見えます。
DSCN9432.jpg

丘の上に妙見北辰宮があるのでそちらの境内に向かいます。
DSCN9435.jpg

DSCN9438.jpg

参拝してから境内からの眺めを楽しませていただきました。
DSCN9449.jpg

DSCN9441.jpg

DSCN9447.jpg

DSCN9448.jpg

DSCN9450.jpg

パノラマ写真も撮りました(クリックで拡大できます)。
P1020422.jpg

2013年5月26日撮影。
[ 2013/06/23 11:38 ] 町並み | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。