スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米原の町を少しだけ歩く

夏の青春18きっぷの季節になりました。

私は今回も遠出は出来ませんが、週末に日帰りで気ままな旅をしています。

今回は懐かしの滋賀県を回りました。

米原駅での乗り換え時間に途中下車し、東口にある旧街道沿いの町を歩きました。

再開発の進む米原駅東口。
IMGP0273.jpg

国道沿いの旅館の看板。
IMGP0267.jpg

かつては旅館だったのだろうか…
IMGP0268.jpg

IMGP0261.jpg

一本中に入ると旧道沿いの町並みが残っていますが、来るたびに空き地が増え、また家の建て替えが進んでいるように感じます。
IMGP0259.jpg

IMGP0262.jpg

IMGP0263.jpg

もう少しゆっくり歩きたかったのですが電車の時刻もあり、駅に戻ります。

西口方面には新たなビルを建設中のようでした。
IMGP0272.jpg

2014年7月21日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 05:41 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

日曜の夕方、安城の町を歩く

今週末は七夕まつりで賑わっている安城市街地ですが、普段はひっそりとしています。
レトロ感がある商店街が名鉄南安城駅からJR安城駅まで続いています。

休日出勤した日曜の夕方、名鉄南安城駅からJR安城駅まで歩きました。
P1020686.jpg

P1020687.jpg

P1020688.jpg

P1020689.jpg

P1020691.jpg

P1020693.jpg

P1020695.jpg

P1020698.jpg

P1020699.jpg

安城町道路元標。
P1020702.jpg

安城七夕まつりの公式キャラ”きーぼー”。
P1020703_20140730044843d6d.jpg

2014年7月20日、LUMIX DMC-TZ30で撮影。
[ 2014/07/30 04:53 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

新川町駅から高浜港駅まで歩きました

名鉄三河線新川町駅で下車後、今年度中に解体が計画されている高浜港駅まで歩きました。

ちなみに新川町の隣の駅は北新川駅で、ここにも木造駅舎が健在です、過去の訪問記事より(→○●)。

まず、目的地と反対側の新川に行きます。橋の上に屋根があります。
DSCN1345_201407290532290cb.jpg

新川を渡る三河線電車。
DSCN1346_20140729053231edc.jpg

新川の水門。
DSCN1350.jpg

県道50号線に沿って高浜市方向に歩きます。
赤い丸型ポスト、この向こうが衣浦温泉(跡)になります。
DSCN1370.jpg

50年ほど前は、ここが海岸線だった記憶があります。近くに親戚の家があり時々来る街でした。
DSCN1374.jpg

新川病院。
DSCN1382.jpg

大きな秋葉山常夜灯。
DSCN1387.jpg

昭和の頃からのカラープリントの看板。
DSCN1400_2014072905430337f.jpg

お酒の看板。
DSCN1398.jpg

排気ガスで真っ黒になった琺瑯看板。
DSCN1404_201407290543067e0.jpg

碧南市から高浜市に入ります。
DSCN1410.jpg

高浜川を渡る三河線電車。
DSCN1414.jpg

もうすぐ見納めになってしまう名鉄三河線高浜駅駅舎。
DSCN1432.jpg

DSCN1437.jpg

DSCN1443_20140729054351dd3.jpg

2014年7月13日、COOLPIX P7100で撮影。
[ 2014/07/29 05:50 ] 町並み | TB(0) | CM(10)

旧名鉄新川町駅舎

休日出勤した日曜日、少し早めに引き上げ三河線新川町駅で下車。

この駅で上下電車の交換を行います。
DSCN1328_20140728052303ec3.jpg

この古い駅舎を利用中かと思いきや、こちらは市の施設として活用中でした。
DSCN1327_20140728052258a4a.jpg

ホーム側には名鉄お馴染みの簡易駅舎が設置されています。
DSCN1331.jpg

旧駅舎内にはショーケースも設置されています。
DSCN1332_201407280523070d2.jpg

今回訪問まで、旧駅舎をそのまま利用していると思い込んでいました。
DSCN1333_20140728052307e6c.jpg

DSCN1334.jpg

立派な駅前通ですが、歩く人も車もほとんどない日曜の夕方でした。
DSCN1340.jpg

子どものころ、時々訪れた駅ですが、昔はもっと賑やかだったような記憶があります。

2014年7月13日、COOLPIX P7100で撮影。
[ 2014/07/28 05:32 ] 鉄道 | TB(0) | CM(0)

2014年7月26日 夕方から少しだけ散策

暑さと連日の疲れがたまっていたのか、今朝は朝食後一眠り。
普段の休日は午前中買い物に行くのだが、今日はお昼までずっと寝ていました。

午後は熱中症を考え外出を控えて昼寝。ちなみに我が家は日中は冷房は入れません。
目が醒めたら18時少し前。このままだと今日は空中人になってしまうので、夕方少しだけ出かけました。

東岡崎駅からりぶらに向かって歩きました。
DSCN1453.jpg

DSCN1454_2014072622010701c.jpg

DSCN1455_201407262201096d0.jpg

DSCN1460.jpg

DSCN1462.jpg

次の土曜日の夕方は花火で賑わう界隈。
DSCN1464_2014072622013296b.jpg

DSCN1474.jpg

運がいいと、車窓からも一瞬だけ花火が見えます。
DSCN1471.jpg

岡崎公園の花時計。
DSCN1477_20140726220139fd2.jpg

高層マンションが出来ると街の景色も変わりますね。
DSCN1478_201407262201381eb.jpg

2014年7月26日、COOLPIX P7100で撮影。
[ 2014/07/26 22:17 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

看板を探しに町歩き

以前は道路元標をたずねて町を歩き、それから火の見櫓をたずねて町を歩きました。

最近は、昭和時代のものと思われる看板を探しにぶらりと歩くことが多くなっています。

IMGP0220.jpg

IMGP0232.jpg

2014年7月12日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/07/26 12:27 ] 表示類 | TB(0) | CM(0)

宇頭駅から南安城駅まで歩きました

土曜日の午後、毎日通る宇頭駅で下車。宇頭観音参詣下車駅の大きな看板。
IMGP0119.jpg

跨線橋には両側に宇頭駅と大きく記されています。
IMGP0126.jpg

駅から宇頭観音までは少し離れています。
IMGP0135.jpg

田園を行くパノラマスーパ-。
IMGP0139.jpg

宇頭観音に立ち寄ります。
IMGP0145.jpg

IMGP0148.jpg

宇頭観音がある場所は岡崎市ですが、南西に安城市街地に向かって歩きます。県道でもない道路なので市の境の標識はありませんが安城市内に入って歩きます。
三河仏壇の看板。
IMGP0162.jpg

711の看板。
IMGP0167.jpg

脇道を歩くと名鉄西尾線の踏切がありました。もうすぐ電車に通過する時刻だったのでにわか撮り鉄。準急電車。
IMGP0178.jpg

普通電車。
IMGP0181.jpg

安城市街地をもう少し歩きます。
IMGP0183.jpg

119番の看板を見つけました。
IMGP0186.jpg

JRと名鉄の立体交差地点。
IMGP0196.jpg

ピアゴに寄ってから日の出町商店街を歩きます。
IMGP0202.jpg

南安城駅に到着しました。
IMGP0204.jpg

GPSロガーでの歩行記録は6.5キロでした。

2014年7月12日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/07/25 04:38 ] 風景 | TB(0) | CM(4)

旧一色町中心部までポタリング

休日出勤後のとある日曜日の午後、用事が済んだので気分転換に通勤用アルベルトでそのままポタリングに出かけました。

北浜川下流、碧南の火力発電所が見える場所です。2011年5月にぶらっとこの界隈を訪れた時は、この界隈が馴染みの地域になるとは夢にも思いませんでした。
P1020551_20140723053612f14.jpg

国道247号線の西尾市と旧一色町の境に建つ看板。
P1020554.jpg

こういう錆びた看板を見つけるたびに立ち止まりながら進みます。
P1020555.jpg

ここにもネーミングライツ歩道橋がありました。
P1020563.jpg

一色の町は路地が多く、自転車なので気ままに脇道に入っていきます。
P1020564.jpg

P1020567.jpg

旧三河一色駅。駅舎は取り壊されたなくなり、ホームだけが残っています。
P1020571.jpg

駅前中央通。
P1020572.jpg

駅前本通。
P1020573.jpg

一色悪水路。
P1020577.jpg

P1020582.jpg

西尾駅と一色を結ぶ名鉄東部交通の路線バス。
P1020583.jpg

商店街。
P1020586.jpg

有線があった頃から掲示されている広告。
P1020581.jpg

空模様も怪しくなってきたので西尾駅に向かって戻ります。県道沿いの西尾市と旧一色町の境あたりにあった看板です。
P1020593.jpg

2014年7月6日、LUMIX DMC-TZ30で撮影。
[ 2014/07/23 05:52 ] 町並み | TB(0) | CM(0)

名古屋競馬場前駅からは市バスで神宮前駅へ

荒子駅からあおなみ線に乗って名古屋競馬場前駅で下車。
これであおなみ線も全駅訪問です。
IMGP0095.jpg

IMGP0097.jpg

IMGP0098.jpg

ここから市バス幹神宮1系統で神宮前(神宮東門)に向かうのですが、あいにくバスが行ったばかり。
1つ西よりの土古(どんこ)バス停まで歩きます。

土古界隈。
IMGP0100.jpg

IMGP0101.jpg

土古バス停。
IMGP0104.jpg

神宮東門(終点)で下車。
IMGP0109.jpg

名鉄神宮前駅。
IMGP0110.jpg

乗ってきたバスは多加良浦行きになり折り返して行きました。
IMGP0111.jpg

2014年7月5日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/07/22 05:36 ] 風景 | TB(0) | CM(0)

八田駅から荒子駅まで歩く

富田浜駅から関西線普通電車で名古屋市内まで戻ってきました。
名古屋の1つ手前の八田駅で下車します。
IMGP0063.jpg

IMGP0064.jpg

IMGP0070.jpg

”人孔”と記されたマンホール、年代物なのかな?
IMGP0071.jpg

八田駅で下車した目的は、行きの車窓から高架下に見えた、この看板を見に行くことでした。最近、今更ながら琺瑯看板などの魔力に引き込まれています…
近鉄、JRともに高架線になってしまったので、この看板の広告効果はほぼゼロ、それでも時々私のような物好きが眺めに行っているのでしょう。
IMGP0073.jpg

折角八田駅で降りたので、未訪問のあおなみ線荒子駅を目指して歩きます。
普通の商店街を抜けます。
IMGP0079.jpg

IMGP0081.jpg

新しく整備された通り、市バスが走っています。この下を地下鉄東山線も走っているのかな。
IMGP0083.jpg

高畑の市バスの待機場。
IMGP0085.jpg

地下鉄の車庫。
IMGP0087.jpg

あおなみ線荒子駅。
IMGP0089.jpg

駅前には前田利家公の銅像。
IMGP0091.jpg

ホームから夕暮れを眺めます。
IMGP0093.jpg

IMGP0092.jpg

折角ここまで来たのでもう1駅訪問することにします。
IMGP0094.jpg

2014年7月5日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
[ 2014/07/21 03:24 ] 町並み | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。