スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家山駅から抜里駅まで歩く 後編

国道473号線を歩き小さな峠を越えると、ようこそ抜里への看板があります。
IMGP0718.jpg

国道から眺めた抜里。
IMGP0721.jpg

茶畑が広がっています。
IMGP0724.jpg

国道沿いにJAなどの建物がぽつぽつとあります。
IMGP0726.jpg

立派な火の見櫓が建っています。
IMGP0730.jpg

IMGP0732.jpg

IMGP0737.jpg

抜里駅への案内標識のある場所で曲がります。
IMGP0733.jpg

角の商店。
IMGP0738.jpg

町道が駅まで続いています。
IMGP0743.jpg

みかん畑ではよく見かけますが、茶畑でも使用しているようです。
IMGP0745.jpg

茶畑が続きます。
IMGP0748.jpg

製茶所を通り過ぎます。
IMGP0750.jpg

抜里駅に到着しました。
IMGP0751.jpg

2014年7月27日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
関連記事
[ 2014/08/15 22:12 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

頭でっかちの面白い形の火の見櫓ですね

モノラック、茶畑でも使うんですね
昔、鞍ケ池の若草山にも観光用のものが
ありましたが無くなっちゃいました。
[ 2014/08/15 22:31 ] [ 編集 ]

Re: A112さん、おはようございます

大井川流域では、この頭でっかちタイプの火の見櫓が主流のようです。

モノラック、中総の丘に鉄塔建設時にも敷設されていましたね。
[ 2014/08/16 05:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/1364-e114dfe1




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。