スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

遠鉄・天浜線の駅めぐり 戸綿駅

遠鉄・天浜線の駅めぐり、最後は戸綿駅で下車しました。
IMGP1216.jpg

乗ってきた列車を見送ります。
IMGP1212.jpg

駅舎はなくホーム上に待合室があります。
IMGP1213.jpg

先ほどの列車と隣の遠州森駅で交換した上り列車がやってきました。
IMGP1218.jpg

ホームから見た戸綿の街。
IMGP1222.jpg

駅へは階段を登る必要があります。
IMGP1226.jpg

この界隈にも火の見櫓がありました。
IMGP1228.jpg

次の列車まで駅周辺を歩きます。あいにくポツポツと雨が降り出しました。
IMGP1230.jpg

IMGP1233.jpg

IMGP1237.jpg

IMGP1241.jpg

IMGP1243.jpg

IMGP1245.jpg

IMGP1244.jpg

再び下り列車に乗ります。
IMGP1250.jpg

往路と逆ルートで西鹿島で遠鉄に乗り換え帰路につきました。

2014年8月9日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
関連記事
[ 2014/09/03 05:37 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

天竜浜名湖

そちらのほうはまだ行ったことありません。
遠州鉄道よりも天竜浜名湖鉄道の方が古い駅舎を残してるんですね。
駅舎は割ときれいになってるようにも見えますが、
ホームの佇まいも味がありますね。
火の見櫓もほんとにたくさん残ってるんですね〜
[ 2014/09/03 14:09 ] [ 編集 ]

Re: ぷにょさん、おはようございます

天竜浜名湖鉄道は国鉄二俣線時代からの駅舎などを多数保存しています。

また、遠州のこのあたりは火の見櫓も多く残っています。
[ 2014/09/04 05:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/1386-1deaddaf




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。