スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

広大な美濃赤坂駅構内

安楽寺大門踏切から見た美濃赤坂駅構内。
IMGP3997.jpg

反対の大垣方面。
IMGP3998.jpg

安楽寺。
IMGP3999.jpg

広大な構内。今でも石灰石列車の運行があります。
IMGP4001.jpg

IMGP4002.jpg

県道に沿って進みます。
IMGP4003.jpg

踏切標識があります。
IMGP4007.jpg

廃線となった西濃鉄道昼飯線。
IMGP4009.jpg

IMGP4011.jpg

美濃赤坂駅前にある西濃鉄道の建物。
IMGP4013.jpg

美濃赤坂駅。
IMGP4014.jpg

IMGP4015.jpg

次の電車まで時間があるので赤坂の町を歩きます。

2014年10月12日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
関連記事
[ 2014/11/12 02:00 ] 鉄道 | TB(0) | CM(4)

おはようございます。

美濃赤坂駅の構内は広くホームが小さく見えますね。

行ってみたい駅ですが列車本数の兼ね合いからなかなか実現出来てません。

東海道本線の支線駅とはいえ素晴らしい木造駅舎が建ってますね。
[ 2014/11/12 04:56 ] [ 編集 ]

Re: burning s さん、おはようございます

石灰石の搬出駅として賑わった名残で広い構内が残っています。

木造駅舎も健在です。

日中は電車の本数が少ないですが朝夕は1時間に1本程度の便があります。
[ 2014/11/12 05:31 ] [ 編集 ]

美濃赤坂駅、広い構内と木造駅舎が残る駅ですね。
ここは旅客扱いよりも貨物輸送のためにある駅、なのかもしれません。
木造駅舎に古い町並みがあれば、訪問する意義があるというものです。
ここも未訪の地。西濃鉄道のことは知らなかったので、参考になります…。
[ 2014/11/13 08:26 ] [ 編集 ]

Re: ねじまきさん、おはようございます

美濃赤坂支線、ICカードのエリア外ということからも貨物輸送のために残っている路線のようです。

関西からも近い場所なので是非訪れてみてください。中山道を歩いて養老鉄道の東赤坂駅へ向かうルートもあります。
[ 2014/11/14 05:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/1485-821f78c0




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。