スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015年5月 火の見櫓の残る安城市南部

2015年GW 西尾・碧南・高浜・安城とポタリングしました(→○●)。

今回は安城市南東部を走ります。
三河一向一揆で、有名な本證寺。
IMGP2028_20150520062314727.jpg

IMGP2031.jpg

寺の前をあんくるバスが通過して行きました。
IMGP2037.jpg

お寺の近くにあった半鐘。かつて火の見櫓に設置されていたものでしょうか。
IMGP2027_20150520062312411.jpg

安城市木戸の火の見櫓のある風景。
IMGP2049.jpg

IMGP2051.jpg

IMGP2053.jpg

IMGP2055.jpg

集落には昔ながらのお店がありました。
IMGP2058_20150520062345ea5.jpg

2015年5月2日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。

関連記事
[ 2015/05/21 05:38 ] 風景 | TB(0) | CM(4)

火の見櫓

日常風景の中に溶け込んでいる火の見櫓。。いいですね。
今も打ち鳴らす事があるのでしょうか?

町歩きの中で、こういうものを見つけたら、、とっても嬉しくなります。
[ 2015/05/21 22:46 ] [ 編集 ]

Re: yumeさん、おはようございます

今でも必要な時は打ち鳴らすのではないかと思います。

火の見櫓、倒壊の危険があり撤去されるものが多く貴重なものになっています
[ 2015/05/22 06:14 ] [ 編集 ]

梯子型の火の見櫓が良いですね。
火の見櫓の原型は梯子型と言われています。
半鐘の横にある箱は何ですかね。
[ 2015/05/24 09:07 ] [ 編集 ]

Re: 明るい朝さん、おはようございます

梯子型火の見櫓のある場所は、何年か前にあんくるバスで通過して再訪したかった場所です。

半鐘の横の箱は何でしょうか。電気の配線がつながっているようです。
[ 2015/05/25 05:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/1774-24b79823




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。