スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レトロでんしゃ館訪問 その2 市電と掲示物

名古屋市交通局のレトロでんしゃ館を訪れたのは夏休み初日の午後、訪問のタイミングを誤ったようです。

駐車場は満車で施設内は多くの夏休みの親子連れで賑わっていました。

静かに市電を楽しむのはまたの機会にしようと思います。

施設内には市電は1400形(1421)、2000形(2017)、3000形(3003)が保存されています。私も名古屋市電の走っていた時代を知っている年代です(→○●)。

施設内の様子。人並みが途切れ時を待って撮影しています。一番右側の連接車の実物を見た記憶はありません。
IMGP4153.jpg

連接車の3000形。
IMGP4142.jpg

新瑞橋電停と1400形。
IMGP4148.jpg

車内に入ってみます。
IMGP4146.jpg

車内には当時の掲示物があって、市電の走っていた昭和の時代を思い出すことが出来ます。
IMGP4141.jpg

名古屋市電は昭和49(1974)年3月31日が最終運行日でした。
IMGP4113.jpg

IMGP4118.jpg

昭和45(1970)年の路線図(クリックで拡大できます)。
IMGP4124.jpg

名古屋まつりの時の花電車運行予定(クリックで拡大できます)、当時の新聞にも掲載されていた記憶があります。
IMGP4135.jpg

運賃表と乗車時の注意事項(クリックで拡大できます)。
IMGP4137.jpg

壁には方向幕も展示されていました。
IMGP4081_201507220503463b6.jpg

IMGP4082.jpg

系統板と側面板。側面板はあまり記憶に残っていません。
IMGP4076_201507220503536c8.jpg

こういった小物類の展示もあります。
IMGP4098_20150722050350076.jpg

市電といえばやっぱりこのハンドル。
IMGP4136.jpg

もちろん車両や機器類も細かい説明があるのですが、それ以上に当時の掲示物や小物類の展示が印象的でした。

2015年7月18日、PENTAX K-5 II/smc DA 18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WRで撮影。
関連記事
[ 2015/07/22 05:31 ] 施設 | TB(0) | CM(2)

久しぶりのコメントになります。
名古屋にこんなスポットがあったんですね。
自分は現役時代はさすがに知りませんが、一度見てみたいです。
市電が走る名古屋の町を想像しながら見学するのは悪くないですね。
[ 2015/07/24 08:48 ] [ 編集 ]

Re: ねじまきさん、おはようございます

コメントありがとうございます。

鉄道模型のジオラマやプレーコーナもあるので、家族連れでも楽しめる場所です。
名古屋にお越しの時は行ってみてください。

[ 2015/07/25 03:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/1852-6a25cbf2




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。