スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

稲枝駅の駅舎見学

近江長岡から東海道線で米原へ、すぐ接続している新快速で能登川まで行き1駅戻り稲枝駅に来ました。
DSCN3066.jpg

貫禄のある跨線橋。
DSCN3067.jpg

小さい待合室の隅でキオスク営業中。
DSCN3068.jpg

駅前でタクシーではなく、送迎の車を待つ人。
DSCN3072.jpg

駅前。駅からの公共交通機関が少ないので自転車バイク預かり所があります。
DSCN3074.jpg

取り残されたバス停…
DSCN3080.jpg

駅の西側に行く近道?頭上を電車が通過すると大迫力。
DSCN3082.jpg

H鋼にあった日本国有鉄道の銘板。
DSCN3088.jpg

再び駅前に戻ります。
DSCN3095.jpg

看板の反対側。
DSCN3096.jpg

大正9年の開業時から改築をしながら使われていると思われる駅舎です。
DSCN3098.jpg

現在、稲枝駅舎の改築と周辺整備が進められています。この駅舎を見ることが出来るのもあと少しかもしれません。

長い編成の普通電車で稲枝駅を後にします。
DSCN3107.jpg

2012年7月31日撮影。


関連記事
[ 2012/08/11 05:35 ] 鉄道 | TB(0) | CM(2)

No title

おっと、こちらの方を後から見ました。
稲枝駅の駅舎も素敵ですね。
取り残されたバス停?の標識も魅力的。
いよいよ滋賀県の駅舎めぐりも考えなければなりませんね。
[ 2012/08/12 21:45 ] [ 編集 ]

Re: ねじまきさん、こんばんは

滋賀県というと、近江鉄道に味わい深い駅舎がいくつかあります。

http://zoumasa.way-nifty.com/zou/2010/09/post-c042.html
[ 2012/08/13 21:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/431-309aba28




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。