スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天浜線の旅(その5) 火の見櫓を見ながら遠州森駅に戻ります 

小國神社を後にして、峠を迂回するルートで遠州森駅に戻ります。
森町には多くの火の見櫓が残っています。今回も既に2基観察しています。

帰り道、森町一宮宮代の火の見櫓。
DSCN6042.jpg

DSCN6047.jpg

DSCN6048.jpg

斜面に広がる茶畑を見ながら走ります。
DSCN6050.jpg

森町草ヶ谷の火の見櫓。
DSCN6053.jpg

DSCN6057.jpg

通り沿いで見かけたバス待合所。
DSCN6058.jpg

遠州森駅から再び天浜線に乗ります。
DSCN6072.jpg

遠江一宮駅。先ほど行った小國神社の最寄駅です。でも駅から歩くとかなりの距離があります。休日には神社の送迎バスもあります。
DSCN6075.jpg

車窓に広がる茶畑。
DSCN6076.jpg

上野部駅のユニークな駅名標。
DSCN6078.jpg

続きます…

2012年9月22日撮影。


関連記事
[ 2012/10/11 05:24 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

なにげにオシャレな火の見・・・
遠州のは面白い形してますね。
[ 2012/10/11 21:56 ] [ 編集 ]

Re: A112さん、おはようございます

火の見櫓、地域によって意匠に違いがあるのも趣がありますね。
[ 2012/10/12 05:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/523-c5316096




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。