スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日置橋界隈へ

新年の記事を割り込ませましたが、年末に名古屋市内をぶらり歩いて続きに戻ります。前回の記事(→○●

西日置商店街を東に進むと、堀川にかかる日置橋に出ます。
DSCN1268.jpg

親柱、車道脇にあるので通行する車に注意して観察します。昭和13年改築の橋です。
DSCN1269.jpg

DSCN1270_20130106072509.jpg

両脇の横断歩道橋は平成に増築されたものです。
DSCN1273.jpg

橋の入口(起点側)は親柱に橋の名前が漢字で記されている方、ひらがなで記されているのは出口(終点)側だそうです。
DSCN1274.jpg

日置橋から見た堀川下流方向。
DSCN1271_20130106072507.jpg

上流にあるのは岩井橋です。
DSCN1275_20130106072535.jpg

半年前に訪れれていますが、近くまで来たので再訪します。前回の訪問記事(→○●
大正12年竣工の鋼アーチ橋です。親水階段は立入禁止になっています。
DSCN1276.jpg

橋の袂には土木学会選奨土木遺産のプレートが設置されています。
DSCN1277.jpg

岩井橋から見た日置橋です。
DSCN1282.jpg

2012年12月24日撮影。

この日はもう少し名古屋市内を歩き続けました。

関連記事
[ 2013/01/06 11:38 ] 風景 | TB(0) | CM(2)

>大正12年竣工の鋼アーチ橋
リベットがいいですね。
また見に行ってみようかな。
[ 2013/01/06 23:35 ] [ 編集 ]

Re: A112さん、おはようございます

是非、見に行ってください。
私も次回は銘板までしっかり見てこようと思います。
[ 2013/01/07 05:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/637-55d5a760




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。