スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

保美から福江を歩く その2 火の見櫓がありました

田原市福江町をぶらり歩きしています。商店街を歩いて行きます。
DSCN1786_20130115043218.jpg

商店街の組合でしょう。
DSCN1787.jpg

川沿いに出ると火の見櫓がありました。
DSCN1788.jpg

事前に火の見櫓の残っている場所を調べて歩くことが多いのですが、今回は渥美半島に火の見櫓はないだろうと勝手に思い込んでいたので、ちょっとした驚きでした。
田原市福江町の火の見櫓です。
DSCN1789.jpg

この界隈は旧渥美町の中心部です。
DSCN1790_20130115043228.jpg

火の見櫓の基礎部には花壇がありました。
DSCN1819_20130115043254.jpg

福江分団の銘板。
DSCN1791_20130115043248.jpg

製造メーカの銘板は割れてしまっています。
DSCN1792.jpg

錆びています。このあたりは海に近く風も強いので塩分の影響もあるのでしょうか。
DSCN1794.jpg

川の下流に水門が小さく見えます。
DSCN1821.jpg

火の見櫓のある福江の町。
DSCN1795.jpg

DSCN1823.jpg

福江町では町の魅力づくりを進めているようですが、火の見櫓も昭和の貴重な財産として地図に記載するのもいいかもしれません。でもそうすると撤去し辛いなるかな。

2013年1月2日撮影。
関連記事
[ 2013/01/15 04:55 ] 町並み | TB(0) | CM(4)

良いですね~

福江町に行かれたのですね。
この辺りは、年末になると食品製造業をしていた親父の手伝いで、商品を運んでいた所です。
ニコニコ会なんてのもありましたねぇ。
スーパーに対抗するために、協力しているのかな?と思って眺めた覚えがあります。

火の見櫓、自分も以前チェックしに行っています。
サビサビの火の見櫓、撤去されずに残っていますね。
kibatuyaが2011年にアップした記事はコチラです→http://blogs.yahoo.co.jp/kibatuya_san/35534148.html
[ 2013/01/15 21:19 ] [ 編集 ]

変わった形の火の見櫓ですね。
豊橋地区には扇型の銘板がよく付いてますね。
[ 2013/01/16 00:00 ] [ 編集 ]

Re: kibatuyaさん、おはようございます

ぶらっと福江の町を歩いてみました。

渥美にも他に火の見櫓が残っているのかなって調べたら貴ブログの記事が出てきて拝見いたしました。
[ 2013/01/17 05:39 ] [ 編集 ]

Re: A112さん、おはようございます

屋根がない櫓です。

> 豊橋地区には扇型の銘板がよく付いてますね。
ヤマ六鉄工所製の定番だそうです。
[ 2013/01/17 05:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zoumasa.blog109.fc2.com/tb.php/647-5a8ef805




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。